ワイマナロカントリーファームとジャーがかわいいNalo Made Lemonade!

先日、ワイマナロカントリーファームに行ってきました!目的はひまわり畑の観覧。このワイマナロカントリーファームのひまわりが見ごろを迎え、期間限定で一般公開されていました。

美しいビーチが広がるオアフ島東海岸
スポンサーリンク

ワイマナロってどんなところ?

ワイキキから車で30分の小さなローカルタウン

「ワイマナロ」、オアフ島東海岸に位置する海岸沿いの小さな街です。街と言っても、想像するような店がいくつも連なる賑やかな場所ではなく、ビーチと、家、地元のレストラン、セブンイレブン、教会、学校、ファームがあるだけのシンプルな昔ながらのハワイを連想させる街です。

全米NO.1にもなった美しいビーチ

また、ワイマナロというと、 全米No.1にも選ばれたことのある美しいワイマナロビーチ で有名です。休みの日には、地元の人や観光客で賑わいます。とても広大なビーチなので、人との間隔が大きく取れるのでゆったりできます。ビーチの反対側には山がそびえ立ち、オアフ島の自然豊かさを実感できる場所でもあります!ぜひビーチを訪れた際は、道路の反対側にそびえる山にも注目してみてください!

 

スポンサーリンク

ワイマナロカントリーファームに到着

朝10時すぎにファームに到着しました!(ちなみにその日はワイキキで朝8-9時までサーフィンをし、そのままひまわり畑を見にきました。)受付で$3程の入場料を払って入ります。

こんなトラクターに取り付けられた荷台に乗り込み、ひまわり畑まで移動します!なぜか見に来ていたお客さんが白人の人ばかりだったので、アメリカ本土の農園にでも来た気分になりました。

ひまわり畑に到着!みんな太陽に向かって真っすぐに咲いています。

ここで結婚式を挙げることができるそうで、こんなゲートのようなものもありました。絵になる水色のフォルクスワーゲンも!

 

日本で、夏の暑いときにひまわり畑にはいく気になれず行ったことがなかったので、ハワイのちょうど良い気候の中でいけてよかったです!

 

戻ってきて『Nalo Made Lemonade』(ナロメイド・レモネード)のパイナップル味、『Low County Boil』(ローカントリーボイル)をたべました!

『Nalo Made Lemonade』(ナロメイド・レモネード)はファーマーズマーケットでも人気と聞いてなっとくのおいしさでした!ビンもめっちゃかわいいのでお気に入り♪

『Low County Boil』(ローカントリーボイル)は、袋の中に、ガーリックバターで味付けされた茹でたじゃがいも、とうもろこし、えび、ソーセージが入っているのですが、そこにお好みの味付けを加えてから袋をシャカシャカと振り手で食べます。もちろん手はべたべたになるのでナフキン必須!

この料理はアメリカ南部のルイジアナ伝統のケイジャンフードと言われていて、ワイキキで観光客の方に人気の「クラッキンキッチン」などがそれにあたります。最初は苦手意識があったのですが、とくにこのファームで育てられたとうもろこしが甘くておいしい~!

 

 

ファームの中には、かわいい壁があったり、子ども向けのカートが走っていたりとなごやかな雰囲気でした!『Nalo Made Lemonade』(ナロメイド・レモネード)は、カイルアファーマーズマーケットなどで手に入るよう。見かけたらぜひ試してみてください~!


ワイマナロカントリーファームに行くチャンスがあるのは、ひまわり畑の公開時、ハロウィンの時 (畑でハロウィンのイベントをするそう)、またはファームがイベントを開催している時だけのよう。

『Nalo Made Lemonade』(ナロメイド・レモネード)は、オアフ島各地のファーマーズマーケットで出店していて買えるそうです!

カイルアファーマーズマーケット(木曜 5:00-7:30PM)、ブレイスデルファーマーズマーケット(水曜4:00-7:30PM)、KCCファーマーズマーケット(土曜7:30-11:30AM)、また新しく始まったアラモアナショッピングセンターの日曜9-12時で開催されているファーマーズマーケットでも売っているとの情報も! Yelpの情報を参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*