改装が完了したクイーンカピオラニホテル!絶景ダイアモンドヘッドビューに癒されるハワイ旅ならここ!

   

ワイキキの一番カピオラニパーク側。カパフル通り沿いにあるクイーン カピオラニ ホテルが、リニューアル完了し、10月23日グランドオープンしました!

改装には約35億円もの費用が投資され、客室、廊下、ロビー、公共スペースなど、全てがアップグレードされました!

ホテルの周辺情報やおすすめの過ごし方も含めてクイーンカピオラニホテルの魅力を紹介します!

 

スポンサーリンク

クイーンカピオラニホテルの見どころ その1:プール&ダイニングレストラン「DECK」からの絶景

クイーンカピオラニホテルの3階部分。ホテルから飛び出したようになった場所に、プールダイニングレストランDECKがあります。ここがすごいんです!

その理由は…このビュー!!

何一つさえぎるものなくダイヤモンドヘッド全体を見ることができ、その迫力に圧倒されてしまいます。ここにいるだけで心も体も癒されるような気持ちに。

スポンサーリンク

プール

プールは大きいシンプルなプールです。

ジャグジーなどは無いのですが、プールデッキにはゆったり過ごせるリクライニングチェアが。パラソルもあるので日焼け対策もばっちり。安心してくつろぐことができます。

オーシャンビューももちろん良いですが、圧巻のダイアモンドヘッドビューも最高!プールデッキの端からは、海も少しだけみることができます。

プールサイドに無料でセルフ使用できるリーフセーフ(珊瑚を傷つけない安全な)の日焼け止めを発見。

ハワイでは、2021年から珊瑚礁に有害な成分を含む日焼け止めの販売が禁止になることが決定しています。ですが、2021年を待たずとも海にも人間にも安全な日焼け止めを使いたいものです。

多くのハワイへの訪問客と一番接点のあるホテルがハワイの自然を守ろうとする姿勢に感動。ますますクイーンカピオラニホテルのファンになってしまいました!

ダイニングレストランDECK(デック)!

お次は、プールの隣にあるダイニングレストランDECK(デック)。ダイアモンドヘッドの絶景を楽しみながら食事をいただくことができる最高のロケーション。

古い木でできた昔のサーフボードが飾られていたり、店内の装飾もホテルのテーマである「ビンテージハワイ」に統一されています。

ダイアモンドヘッド側の席は、テラス席になった屋根のないスペース。テラスのテーブルには本物の火が灯されていて雰囲気満点です。

カクテルにつけられるスティックのデザインもかわいい!細部までこだわっています。

こちらはバーメニューです。6時までハッピーアワーを開催中。ビールが$1オフ、おすすめのTIKIカクテルが$9(通常$12)となります!

この日は食事をしなかったのですが、スパイシーアヒポケ($14)や、ベイビーケールチキンシーザー($16)などおいしそうなバーメニューが並んでいて次回への期待がふくらみます…!

デックは、朝食(ブレックファースト)、ランチ、ディナー、バー、全てに対応。それぞれの時間帯で違ったダイヤモンドヘッドの姿を見ることができそうです。メニューはこちらから見ることができます。

スポンサーリンク

クイーンカピオラニホテルの見どころその2:ハワイ王国の王&王女の肖像画

次の見どころは、ハワイ王国(1795年~1893年)歴代の王、王女、ハワイの重要な歴史上の人物の肖像画が飾られたホテル2階の展示スペース

吹き抜けとなった壁一面に、何枚もの大きな画が飾られており神秘的な空気に包まれています。

 

クイーンカピオラニホテルの見どころその3:ビンデージハワイを味わえるアートの数々

ホテルのロビーや客室廊下などホテル全体に、ホテルのテーマである” ビンテージハワイ”を表すハワイらしいアートがたくさん飾られており楽しむことができます。

ほっこりするようなかわいらしいアートが多く、カフェにはサーフボードにのったサングラスをかけたパイナップルや、

ホテル受付の上には、昔の各エアラインによるかわいらしいポスターも。中央の「PAN AM」は、1990年初め頃にサービスを終了したパンアメリカン航空のものです。航空ファンにはたまらないかも?

客室の廊下にも昔使われていた海運会社のポスターなどが飾られており、ホテルテーマの「ビンテージハワイ」を感じることができます。

スポンサーリンク

ハワイアンカルチャーが詰まったショップ

グリーンルーム

ワイキキに2店舗ある”ビーチカルチャー&サーフカルチャー”をルーツに持つアートにフューチャーしたセレクトショップグリーンルームの3店舗目が、クイーンカピオラニホテルのリノベーションと共にオープンしました!

ホテルの象徴でもあるダイアモンドヘッドの描かれたグリーンルームオリジナルのトートバッグ(小、$25)がとってもかわいい!

大きいサイズのトートバッグもあります。

ハワイと日本で行われるイベント「グリーンルームフェスティバル」がモチーフのTシャツもありました!

その他、リラックスした雰囲気の様々なアートが並びます。

ヘザーブラウンや、クリスゴトーなどハワイ発のアーティストの作品や、ローカルアーティストのアクセサリーや小物なども取り扱っているので、手軽に買えるお土産も見つかるおすすめのお店です♡

カフェノッツコーヒーロースターズ

ロビー階には、インスタ映えしそうなカフェノッツコーヒーロースターズも入りました!

英語でノッツとはロープの結び目のことを言います。イカリマークがお店のロゴとなっているので海をモチーフにしたカフェのよう。

コーヒーのカップもかわいい!ストローは環境に配慮した紙製のものを採用。ストローにもイカリのマークが描かれ、お店のこだわりを感じます。

ここで販売されているショップのオリジナルアイテムにもかわいいものばかりでした。

スポンサーリンク

ワイキキ中心のホテルと比較して宿泊費が抑えられるのも魅力

改装を終えたばかりの真新しい客室、ロビー、レストラン、プール。にもかかわらず、かなりお値打ちな価格で宿泊できるのもクイーン カピオラニ ホテルの良いところ!時期にもよりますが、1泊$200以下の日も多数あります

ワイキキ中心のホテルも便利ですが、緑溢れるカピオラニパーク・ダイアモンドヘッドの近くに滞在してみるのも普段とは違った良い経験になりそうです!

 

【ホテル周辺情報】豊かな自然を感じてスローなハワイを楽しむ過ごし方

クイーンカピオラニホテルは、ワイキキの一番端、カピオラニパークすぐ横に位置しています。

ハワイにはショッピングを楽しみに来た!という方には、ワイキキ中心地から少し歩くのでおすすめできないかもしれませんが、ハワイに癒されたい、スローなハワイを経験したい、という方にはぴったりなホテルです。

ウォーキングやジョギング、ヨガに最適なカピオラニパーク

カピオラニパークの周辺は、ウォーキングやジョギングに最適です。また、ヨガをしている人もよく見かけ、

 

美しい穴場ビーチ、サンズ・サウチ・ビーチ

クイーンカピオラニホテルに泊まるのであれば、歩いて3分のカピオラニパーク沿いのビーチ、サンズ・サウチ・ビーチがおすすめ!真っ青な美しいビーチは、まるで天国にいるような気持ちになります

ワイキキよりも水質が良く、シュノーケルも楽しめるので、オアフ島の南側でシュノーケルをするなら私はここに来ます!

▼関連記事

ワイキキビーチのおすすめシュノーケルスポットを在住者がこっそり教えます!日本人がいない美しい海があった!

サンズ・サウチ・ビーチ ワイキキビーチの中心よりも人が少なめで、広々としている

ワイキキから少し歩いただけでこんなに美しいビーチがあるものの、徒歩10分の差が大きいのか、日本人はほとんど見かけない穴場ビーチです。

サニーデイズなどの話題のカフェやショップも徒歩圏内

また、徒歩15分程で、日本のテレビにも登場して大人気のカフェサニーデイズなどの人気店が並ぶモンサラットアベニューへも行くことができます。ハイキングがてらに毎週土曜日の朝7時半から行われるKCCファーマーズマーケットもおすすめです。

これらに行く途中に通るホノルル動物園沿いの道、パキアベニューは美しい木のトンネルとなっており、すがすがしい自然の美しさ感じられます。

ワイキキビーチのデューク像まで徒歩10分

ワイキキビーチの象徴とも言えるデューク像までは、カラカウア通りを歩いて10分程。免税店までは歩いて15分ほど。アラモアナ方面に向かうザバスのバス停や、旅行会社各社のトロリーへの乗り場も近くにあります。

ワイキキ中心地に毎日お買い物に行きたい、足が不自由な方などには少し厳しい立地かもしれませんが、とにかくスローに、自然を感じて心身からリラックスできる旅が楽しめるクイーン カピオラニ ホテル。おすすめです!

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*