ハワイで沖縄フェスティバルが行われる訳とは?2018年の様子、沖縄そばなどのフードも紹介

   

2018年9月1、2日、楽しみにしていた「オキナワンフェスティバル」がコンベンションセンターで開催されたので、行ってきました!

スポンサーリンク

ハワイで沖縄フェスティバルが開催される理由とは?

ハワイでなぜ沖縄なのか?

と言うと、それはハワイの戦前の歴史に関係しています。

戦前、ハワイのサトウキビプランテーションなどで働く為に、沖縄からハワイへ約2万人もの人が移民してきました。日本からの移民は全体で約20万人と言われているので全体の10%程を沖縄かの移民が占めていたことになります。

そして現在、ハワイには約4万人もの沖縄系移民の子孫の人々がいると言われており、移民開始から100年以上が経過しているので、様々な人種がミックスされ、現在では第六世が誕生するに至ります。

今なお、祖先の文化を大事に継承しようとするハワイ沖縄連合会の人々が中心となり、先祖である沖縄の食べ物や舞踊、音楽を楽しみ、お祝いしようというのがこの沖縄フェスティバルの趣旨です。

沖縄の料理やお菓子は、ハワイでは一般的な食べ物になっているものもあり、沖縄フェスティバルには沖縄系や日系人に関わらず多くの人が訪れる、ハワイで一番勢いのある民族イベント!

ちなみにハワイでは、日系アメリカ人をジャパニーズアメリカンと呼ぶのと区別し、沖縄系アメリカ人を「オキナワン」と呼びます。このフェスティバルも、ハワイでは「 オキナワンフェスティバル」 と呼ばれています。

 

スポンサーリンク

2018年第36回!沖縄フェスティバルの様子

会場は、今年からハワイコンベンションセンターに変更。

1階の超巨大な会場では、イゲハワイ州知事、コードウェルホノルル市長、伊藤ホノルル日本総領事、その他、沖縄からのゲストの方がメインステージがステージでお祝いのスピーチをされていたり、

キッズコーナーがあったり、

アンダーギーや沖縄そば、チリドッグなど売るフードコーナーには長い列ができていたり、

沖縄そば($8)

オキナワンフェスティバルのTシャツを販売するコーナーや

沖縄移民の昔のデータベースから先祖探しをお手伝いするコーナーなど、、、

沖縄系の人だけでなく、ハワイ中の人が楽しい時間を過ごしていました。

2階には沖縄からこのイベントの為に持ってこられた沖縄産のお菓子や沖縄そば、もずくなど数々の食品が販売されている会場や、

ハワイのクラフトやハンドメイドが販売されている会場、シーサーの舞を披露する会場泡盛のテイスティング会場など、見所がたくさんありました。

夜には盆ダンスが行われていたのですが、今回は行くことができず、、。昨年の様子を下記に書いたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

活躍する「オキナワン」の人々

ハワイにはオキナワンの人が経営する飲食店が300以上あり、

・レインボードライブイン

・ハイウェイイン

・パレスサイミン

など、ローカルに人気なレストランもオキナワンの人が経営するお店だったりします。

また、政界では、イゲハワイ州知事もオキナワンです。

 

かわいいアンダギのイラストと本物のアンダギ(3つで$5)

他民族、多文化が融合した島、それがハワイの魅力

ハワイは、ビーチやハイキング以外にも、沖縄に限らず、ベトナム、中国、韓国、フィリピンなどなど、様々な民族のお祭がしょっちゅう行われており、新しい文化に触れることができ飽きることがありません

また、一つ一つのイベントに対して「なぜハワイでそのイベントが行われているのか?」と、疑問を持ち、知ろうとうすることで、ハワイの歴史も一緒に学ぶことができます。オアフ島という小さな島、100万人足らずの街にいながら、世界中の色んな文化を体験することができて、本当にラッキーだと感じています。

ハワイで行われるイベントに合わせて旅行の計画を立てると、観光として見せられるハワイではない違った魅力が見つかると思います!ハワイのイベントはこちらのページでも紹介しているので、ぜひご覧ください。

オキナワンフェスティバル:
2018年は9月1.2日開催予定

ホームページ: http://www.okinawanfestival.com/index.html
インスタグラム: @okinawanfestival

 

——-下記は2017年の様子です

スポンサーリンク

2017年第35回!沖縄フェスティバルの様子

今年で第35回目を迎え、オキナワンに限らず、大勢の人が訪れにぎわっていました。

沖縄フェスティバルといえど、主催はオキナワ系のアメリカ人の人々なので、ステージの進行、お店の売り子さん、全てもちろん英語になります。それがまたなんだか新鮮で面白かったりします。

 

沖縄舞踊や音楽のグループによるパフォーマンス

カピオラニパークのステージでは、ハワイにある沖縄舞踊や音楽のグループによる演出がありました!私はスケジュール上、見れなかったのですが、カチャーシーのパフォーマンスがあったり、開催二日目には日本からのスペシャルゲストとして夏川りみさんが歌を披露されていました。

Youtubeで今年の夏川りみさんのパフォーマンスのムービーがあったのでこちらに貼っておきます!沖縄に1回しか行ったことがない私でも、なんだか懐かしいような気持ちになります。

ハワイでも大人気!沖縄料理のフードテント

アンダーギーや、オキナワンそばなど、たくさんのフードが売られていました。特にオキナワンそばとアンダドッグは30分くらい並びましたが、どれもおいしかったです。

ハワイ 沖縄フェスティバル オキナワンフェスティバル
沖縄そば $7.50
チャンプルプレート: $9.00

 

グッズ販売や琉球衣装の試着、盆ダンスも!

その他にも、琉球衣装を着て写真が撮れるフォトブースや、

沖縄のお菓子やインスタント麺などの食料品を販売するテントや、グッズを販売するテントが並んでいました!

 

カピオラニパークでの夜の盆踊りは圧巻!

夕方からは盛大な盆踊り大会が行われました。

元々、沖縄には盆踊りの文化はなかったそうですが、本州からの移民と沖縄移民の文化がハワイでミックスされ、盆踊りをするようになったとのこと。

そう考えると、当時、飛行機で移動するという手段もなく、日本で出会うことのなかった民族が、遠く離れたハワイで出会ったというのはなかなか興味深いと思いました。盆ダンスの様子はこちらから見ることができます。

会場の一体感と熱気がすごいです。
もはや沖縄系であるとか日系であるとか白人であるとか関係なく、みんな音楽と踊りを楽しんでいます。この色んな人種とカルチャーがミックスされた光景がハワイらしくて好きだなぁと思いました。

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*