チャイナマンズハットまでカヤックで渡ってみた!ハワイでのアドベンチャーにぴったり

Processed with VSCO with a6 preset
   

こんにちわ。 Instagram @snow_in_hawaii
5月最終の週末はメモリアルデーのため三連休でした!その連休の真ん中の日に、ローカルの彼の友達たち6人でカヤックに行ってきました。

行き先は、なんとチャイナマンズハット!

スポンサーリンク

チャイナマンズハットとは?

Fabienne M.さん(@mafa_27)がシェアした投稿

チャイナマンズハットとは、オアフ島のクアロアランチの近くに浮かぶ小さな無人島です。中国人が被っている帽子に似ていることから「チャイナマンズ・ハット」と呼ばれるようになったそう。ハワイ語ではモコリイMokoli‘i)と呼ばれています。

スポンサーリンク

ワイキキからすぐ近くのカヤックレンタル

カヤックはGo Bananasという、カパフルとアイエアにあるカヤックレンタル・販売のお店で二人乗りを3台レンタルしました。

Go Bananas カパフル店

2週間くらい前から計画していたので、6人のうち誰かが予約をしているのかと思ったら、誰もしていないという。。笑  お店のオープンと同時に駆け込み、無事アイエア店で2台と、カパフル店で1台確保できました!

カヤックをレンタルしたお店
Go Bananas

ウェブサイト:https://gobananaskayaks.com/

・カパフル店(ワイキキから車で5分)、アイエア店(ワイキキから車で30分程)がある。
・二人乗りカヤックレンタル $50/1日 
・レンタルには、カヤック、パドル、ライフジャケット、ドライバッグ(防水のカバン)、車の上に積むのに必要なラックなど全て含まれています。
比較的安価なお店。日本語対応はありませんがスタッフの方は親切です。

カヤックは車の上に積んで運びます。お店でスタッフの方が車へ積む方法をレクチャーしながら積んでくれるので楽チン。ですが、帰りは自分たちで積んで帰ってこないと行けないので、やり方をよく覚えておくlこと。

スポンサーリンク

チャイナマンズハットに一番近い穴場ビーチへ

車に無事積めたら、チャイナマンズハットに一番近いビーチパーク、クアロア・リージョナル・パークへ出発クアロア・リージョナル・パークへはワイキキからだと車で45分ほど、オアフ島の北東のエリアにあります。ローカルの人が中心の穴場ビーチ。

チャイナマンズハットからみた対岸のビーチと山脈

この辺りは、連なる山との距離がとても近く、迫力満点の景色を見ることができます。また、雨の多い地域なので緑は青々としていて、空気はみずみずしく、本当に気持ち良い。

カヤックを車から降ろし二人で運ぼうとしますが、めっちゃ重い!芝生のエリアでは滑らす形で、なんとかビーチまで移動させました。

カヤックスタート!

いよいよカヤックスタート!
体重の軽い人が前、重い人が後ろに乗ります。前に重い人が乗ると進みづらくなります。このあたりの海は、浅く、穏やかなことが多いそうなのでカヤックに最適。

二人で力を合わせて漕ぐと、意外にもスムーズに進んで行きます!
まっすぐ進む時は、右、左と交互に漕ぎ、左方向に行きたい時は右だけをパドル、右方向に行きたいときは左だけをパドルすると上手く行きます。

パドルを漕ぐのってめちゃくちゃ疲れるのかと思っていましたが、サーフィンでパドルする時よりも全然楽。20分くらいでチャイナマンズハットに到着しました。

この後、ハイタイド(満潮)がやってくる予定だったので、カヤックが流されてしまわないように岩場へ揚げます。

そして、ここからチャイナマンズハットの頂上を目指してハイキング。いや、こんな急な山肌登れないでしょ!?と、びびりたおす高所恐怖症の私。。

土だらけの坂を這い上がり、草だらけのトンネルを潜り抜けると、ロッククライミングのような岩場が見えてきます。が、私はここで諦めました。本当にこういう危ない岩場苦手なんです。

アメリカ人って本当に、アスレチックな人が多いなぁと思います。私の後ろから来たアメリカ人ファミリーは、3,4歳くらいの子どもたちを連れて、危険を顧みず、登って行きました。

ハイキングだけでなく、カウアイ島でボートツアーに行ったとき周りはアメリカ人ばかりだったのですが、老若男女問わず、めちゃくちゃ冷たい海に全く臆することなくどんどん飛び込んでシュノーケルと楽しむ姿を見て、本当にすごいなぁと思いました。ボートの上には、私の母と韓国系アメリカ人のおばさんだけが残っており、あぁ・・典型的なアジア人だなぁと思いましたw

残念ながら頂上からの景色の写真はありませんが、登らなくても、対岸の美しい山々の景色をみることができます!(ちょっと強がり)

みんなが山から下りてきたらカヤックに乗り込み、クアロア・リージョナル・パークの南に位置するビーチまで渡りました。このビーチは、クアロアランチの私有地のビーチまで繋がっています。その手前を探索し、そこからまた元の場所へパドルをして帰ってきました。

11時にチャイナマンズハットに向けて出発し、帰ってきたら14:30頃。3時間半、たっぷり遊べました!

スポンサーリンク

ワイアホレポイファクトリーで本場ハワイアン料理

カヤックの後は、車でカネオヘ方面へ10分程の道沿いにあるワイアホレ・ポイ・ファクトリーでランチ。


ここは、知る人ぞ知るハワイアンフードのお店なのですが、この日はお客さんで溢れていました。昔ながらの古~い外観のお店で、つい見逃してしまいがちですが、ハワイに来たらぜひ食べてみてほしい本場のハワイアン料理です!yelpでも★4.5の高評価を得ています。

以前に、『知る人ぞ知る幻のデザート クロロは超ハワイアン!』でも書きました。

知る人ぞ知る幻のデザート クロロは超ハワイアン!

メニュー表。2チョイス選べるコンボプレート/1チョイスのプレート/ミニサイズのプレートの3タイプ。

ラウラウ (laulau: タロイモの葉で豚を包み蒸したもの)か、カルーアピッグ(kalua pig)あたりが食べやすくておすすめ。ハワイアン料理を知らなければ、メニューを見ても何のことだか意味がわからないと思うので、こんなときに役に立つのが、アプリのyelp!

yelpに投稿された写真を見ながら、食べてみたいメニューを決めるのが楽チン。

ワイアホレポイファクトリー
ウェブサイト:https://www.waiaholepoifactory.com/
yelp

こんな感じで自然の中で遊んで、気持ちも体もすっきりしました!アクティブな方、ハワイ上級者の方はぜひ挑戦してみてください★

Snow in Hawaiiはブログ村とブログランキングの「ハワイ情報」ランキングに参加しています!下の2つのバナーをクリックし、応援して頂けると更新の励みになります♪ Mahalo!


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*