日本人観光客に会うことのないハワイ。観光客の8割はアメリカ本土から。 カウアイ島の魅力!

今度、日帰りでカウアイ島に行くことになりました~!
彼が出張でカウアイ島に行くことになり、私もついて行くことに。仕事のミーティング以外の時間は好きに使っていいようなので、限られた時間ですが楽しみたいと思い、今、カウアイ島について調べ中。

アメリカでは仕事で違う都市などに出張する際、奥さんや家族同伴で行くのは良くあること

私の父もアメリカに出張する際、何回か母を連れて行ってました。私が経験した日本での2社では、業務時間内は、1分も仕事以外のことはできないっていう雰囲気があったので、アメリカの会社のフレキシブルなところに感動します。

スポンサーリンク

ハワイのイメージを覆したカウアイ島

話をカウアイ島に戻して…。数年前、カウアイ島に2泊、オアフ島に3泊というプランで日本からカウアイ島を訪れたことがありました。

それまで経験した空港の中で一番小さい平屋建てのリフエ空港に降り立った瞬間衝撃を受けました。その時の感想はこんな感じ。

 1. ハワイって、こんなに自然豊かなとことなの!? ニワトリがたくさん歩いてるし。。
 2. 平屋の建物しかない。笑 ホテルでさえ2階建て。ホテルの敷地内は車で移動。
 3. アメリカ本土からの観光客ばかり。オアフ島ではあんなに多い日本人観光客に一人も会わない!

物心ついてから訪れていたのがオアフ島ばかりだったので、私の知るハワイとはまったく違う、自然豊かで店や建物もまばらなカウアイ島に驚きました!

ですが、静かで、商業施設も少なく、圧倒される自然に溢れたカウアイ島に魅了されました。ブログの最後に写真を載せますがカウアイ島の魅力が伝われば良いなぁ~と思います!

 

スポンサーリンク

データで見る、ハワイ観光の意外な事実

こんな素敵な島なのに、なぜ日本人の観光客には人っ子一人会わないのだろうと考えていました。そこで、データを用いて、ハワイの観光についてリサーチしてみました。(データは、ハワイ州観光局ANNUAL VISITOR RESEARCH REPORT 2016より)

<島別、1年間に訪れる観光客の数 (全ての国と地域)>

ハワイ州全体・・・約893万人
オアフ島・・・約545万人
マウイ島・・・約263万人
ハワイ島・・・約155万人
カウアイ島・・・約119万人

▲ハワイを訪れる人の約8人に1人がカウアイ島を訪れているという結果。オアフ島と比較すると、5分の1程度の人数です。また、日本からの直行便があるハワイ島に比べ、マウイ島への訪問者が多いことも特徴。

カウアイ島訪問者の8割はアメリカ人

次は、カウアイ島を訪れた119万人がどこの国、地域から訪れたのかを表すデータがこちら

<カウアイ島を訪れた人の国別(地域別)データ>

アメリカ西部・・・52.2%
アメリカ東部・・・30%
(アメリカ合計・・・82.2%)
カナダ・・・5.6%

ヨーロッパ・・・2.7%
オセアニア・・・2.7%
日本・・・1.9%
その他のアジア諸国・・1.2%

▲カウアイ島を訪れる人の8割がアメリカ本土から。日本からの訪問者は全体の約2%に過ぎません。人数で言うと、約2万人程度。

オアフ島訪問者の約25%が日本人であったことと比較すると、日本からの観光客にとってまだまだ未知の世界であるカウアイ島・・・★

ネイバーアイランドを訪れる日本人は1割以下

こちらは、ハワイを訪れた日本人観光客がどの島を訪れたかを表すデータです。一度の旅行で複数の島を訪れる人も多いので、複数回答されたデータです。

<日本人観光客が訪れたハワイの島>

オアフ島・・・96.9%
ハワイ島・・・9.6%
マウイ島・・・3.6%
カウアイ島・・・1.5%

▲カウアイ島を訪れた人は1.5%、100人に約1人。ネイバーアイランドの中で日本からの訪問者が一番多いのがハワイ島ですが、それでも10人に1人行く程度なので、オアフ島単独で訪れる人がほとんど、という結果。

北米の観光客は、○○島に多く訪れていた

日本では、ハワイ=オアフ島、ワイキキ 、ダイアモンドヘッド!というイメージが強いことが伺えますが、他の国や地域は、ハワイに対して私たちとは異なるイメージを抱いていることが伺えるのが次のデータ。

例えば、アメリカ東部からの訪問者がどの島を訪れたかと言うと…

<アメリカ東部からの観光客が訪れたハワイの島>

オアフ島・・・43%
マウイ島・・・36%
ハワイ島・・・18%
カウアイ島・・・17%

▲日本からの観光客と比較して、オアフ島訪問者の割合がぐっと減り、マウイ島への訪問者が多いことが伺えます。これは、本土から直行便が飛んでいることが要因ですが、一極集中ではなく4つの島をバランス良く散らばって訪問しています

特に、マウイ島は北米の観光客が多く訪れカナダ人の半数はマウイ島を訪れています。

これらのデータから、アメリカ人やカナダ人はオアフ島以外のネイバーアイランドにも多く訪れるのに対し、日本人のほとんどはオアフ島に一極集中しているということが言えます。

 

スポンサーリンク

日本人が一番訪れない島、行ってみたくないですか?

カウアイ島 ナパリコースト

みんなと同じカフェ、同じ写真、同じウォールアート

最近、インスタグラムや雑誌などを見ていて思うのが、みんな同じ所を訪れ、同じことをして、同じ写真をSNSにあげているなぁということ。それが、多くの日本人の心にヒットするのであれば、マーケティング的には大成功だから良いと思うけど、私はどっちかというとあまりメジャーではない新しい体験をしたい派

私と同じ考えの人は10人に1人なのかもしれませんが、『日本人が一番訪れない島、カウアイ島』に行ってみたいと思いませんか?

コンフォートゾーン(居心地のいい場所)から出ることで得られる体験

日本語による案内はない、車が必須日系旅行会社のトロリーなんて無い英語でサバイバルしないといけない、など、オアフ島観光よりもハードルは少し上がるかもしれません。ですが、苦労した分だけ思い出と成長になるし、ワイキキでは味わえない大自然とハワイを味わうことができると思います!

今回の日帰り旅行では、写真と文章でカウアイ島の魅力が伝わるよう、たくさんレポートしたいと思います★写真は、2014年に訪れた際のものです。

ワイメア・キャニオンとダブルレインボー
カララウ展望台より
ポイプビーチでサンセットを拝む

Snow in Hawaiiはブログ村とブログランキングの「ハワイ情報」ランキングに参加しています!下の2つのバナーをクリックし、応援して頂けると更新の励みになります♪ Mahalo!


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*