ハワイやアメリカで太らない方法とは?

こんにちわ!Instagram @snow_in_hawaii です。早いもので、ハワイに来て1年半が経ちました。
今日は、アメリカでの食生活について私が気がついた点について話そうと思います。

「アメリカに住むと太るよ~!」とか、実際に留学した友達から、「留学して10kg太った!」という話を耳にしたことはないでしょうか?

「アメリカで生活をすると太るのか?」
私の答えは

Yes, 太るのは日本より簡単!
でも、自分の意識を高く持てば避けられる。

実際私は、二十歳から数ヶ月単位でアメリカやカナダに滞在してきましたが、体重が増えたことはありませんでした。

でも太ろうと思えば簡単。どこにでもあるピザやハンバーガーショップ、ファーストフードで飲み放題ジュース、ローカルに人気なプレートランチ…これらを食べ続ければ、1ヶ月で簡単に太ってしまうでしょう。。

そこで、私がアメリカの食生活で気をつけている点を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

アメリカで太る理由

肉中心の食生活のため

色んな人種、考え(ビーガンの人など)の人が住んでいるので、全ての人がこういった食べ方をしているという訳ではもちろんありません。

ですが、ハワイに来て驚いたのは食べる肉の量が明らかに多いこと今までの人生で一番たくさん肉を食べていると気がついて、改めようとしているところです。

日本にいた頃は当たり前すぎて気づきもしませんでしたが、日本では魚をたくさん食べる文化があります。洋食も浸透しているとはいえ、アメリカと比較するとお肉を食べる量は圧倒的に少なかったんだ、と実感しています。

 

プレートランチの量が異常

ローカルの人に人気なレストランや、ファーストフードで売っているプレートランチを見てみましょう。

ハワイ プレートランチ
BBQポークにグレービーソースをかけたご飯プレート。(Instagram @rainbowdriveinより)
ハワイ プレートランチ
ビーフカツレツプレートにBBQビーフとチリのせ。(Instagram @rainbowdriveinより)
スパムとフライドチキンと卵の弁当    St Louis Drive In Yelpより

肉・ご飯 以上、いった内容。。笑
しかもサイズが大きすぎる… 

ハワイ育ちの男性は、こういったプレートランチを食べて育った人が多いので、おじいさんになっても食べ続けている人も多いです。

肉の量に対して野菜の量が少なく、マックサラダというサラダとは名ばかりの、マカロニにマヨネーズを絡めた、更なる炭水化物もがついているくらいなんです。

ハワイのローカルの人が好むファーストフード店や惣菜屋さんは、お肉とご飯でお腹を満たすような食べ物が多いですこの食生活を数ヶ月続ければ確実に太るでしょう

魚介類が高く、節約のためにお肉に偏りがち

ハワイは海に囲まれていますが、スーパーで売られている魚の多くは、メインランドで養殖されたものや、海外から輸入しているものなので、日本のスーパーより高値で販売されています

その反面お肉は、日本では比較的高価な牛肉でも、かなり安く買うことができます節約しようとすると、自然とお肉を買ってしまいがちなのです。

ハワイ スーパー お肉
このずっしり重たいサイズの牛肉でも$19で売られている。

スポンサーリンク

アメリカで健康でいるために必要なこと

 アメリカンなファーストフードに流されない

時々食べる程度なら問題はないと思います。ですが、アメリカで生活をする方で、特に、単身の人や、一緒に生活する人がアメリカ人の人の場合は、注意が必要だと思います。

単身で生活していると、一人分の料理をするのが面倒で、安くて手軽なものを求めると思います。すると、選択肢は上で紹介したようなプレートランチや、アメリカだとどこにでもあるハンバーガーやピザなどになるからです。

ハワイ ピザ
料理がめんどくさかった日のディナー(2スライス:約$5) これで一人分。

こういう食べ物は、お腹を満たしてくれますが肥満まっしぐらです。

私は、こういった食事は週末の1回だけなどとルールを決めて制限し、頻繁に食べないように工夫しています。

アジア系料理を選択する

アメリカは州や都市により、環境が大きく変わります。

アジア系の住民が多い地域を選んで住むと、日本食を含むアジア系の食材や調味料なども多く揃うので、食生活の選択肢が増えます。

ハワイ スーパー
ハワイのタイムズスーパーマーケット①: キューピーのゴマドレッシングも!
ハワイ スーパー
ハワイのタイムズスーパーマーケット②お漬物やキムチなどのセレクションもこれだけ豊富。

ハワイはアジア系住民が多いので、日系や韓国系専門のスーパーがあり、日本よりもやや値段は高くなりますが、頻繁に行われているセールを利用すれば、比較的安く日本の食材も手に入ります。

また、ハワイでは、タイムズやセーフウェイなどでの一般のスーパーでも、日本を含めたアジア系の食材が一通り揃うので、日本での食生活とほぼ変わりなく生活ができます。

 

アジア系のローカルプレートランチを利用

韓国系や中国系のプレートランチには、野菜が含まれたメニューもたくさんあるのでおすすめです。

ハワイ プレートランチ
カパフルのSafewayの敷地内にあるYoonCy BBQ。チキンとカルビプレートに、お好みのおかずを3種類選べる。($12~15くらい) Yelp @emi.Hより

1回では食べきれない量を入れてくれます。信じられませんが、これだけの量を一人で食べるローカルの人もいるんですよね。。

ですが、一回で食べきってしまわず、ランチ、ディナー、更には翌日に持ち越して食べれば、3回分くらいの食事量で$10ちょいで買えるので、コスパも良くおすすめです。(飽きちゃいますが….)

ファーマーズマーケットで野菜を買う

ヘルシーでいるためには、野菜を含めた自炊は欠かせません。私は毎週末、ファーマーズマーケットで1週間分の野菜や果物をまとめて買います。

左上、ルッコラ($2)。右下から、スピナチ($2)、タイバジル($1)、青ねぎ($1)
左から、チョイサム(青梗菜のような中国野菜)($2)、ブロッコリー($2)、トマト4つ($2)、パクチー($1)

ファーマーズマーケットで買う理由は、安く、ハワイで育った野菜を購入することができるからです

ファーマーズマーケットでは、農家から直接購入できるため、スーパーマーケットなどで販売される際に上乗せされる中間マージンが入らず、安くて手に入ります。また、ファーマーズマーケットで買うことで、ローカルのビジネスをサポートすることができる、というのも良い点です。

 

スポンサーリンク

経験程度に食べるのはあり

ハワイに来た当初、ローカルな食べ物を試してみたくて、色んなお店のプレートランチなどを食べていましたが、数ヶ月食べ続けると、フライ・肉・ご飯の組み合わせに疲れてきてしまいました

月に1,2回食べるには問題ないと思いますが、これが毎回の食生活になってはいけない、と強く実感しました。

自炊は面倒なこともありますが、太って体が重くなってしまうと、全てのことに対して消極的になってしまいがちです。アメリカで健康でいるためには、日本以上に意識を配る必要がありますが、健康的で心身、身軽でいたいなぁと思います!

Snow in Hawaiiはブログ村とブログランキングの「ハワイ情報」ランキングに参加しています!下の2つのバナーをクリックし、応援して頂けると更新の励みになります♪ Mahalo!


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*