ハワイでのルームシェアの探し方や家賃相場。おすすめのエリアなど!

   

こんにちわ!今日は、私がハワイに来てすぐの時、どうやって住む家を探したかについて書いてみたいと思います。

渡米前の準備、利用すべきサイト、ルームシェアの家賃相場。それから、おすすめするエリア、以外にもおすすめしないエリアなど、実体験から書きました!

スポンサーリンク

渡米前にするべき準備!

長期滞在先が決定するまで滞在す部屋の予約

渡米前に、最初の1週間滞在するためのairbnbを予約しました。マラサダが有名なレナーズベーカリーから、歩いてすぐの住宅街にある一軒家の一室です。

長期的に住む家も、カパフル、カイムキ、ダイアモンドヘッドエリアを希望していたので、希望のエリア内でairbnbを借り、そこを起点に家探しをしようと思っていました。最初の拠点は、自分の住みたいエリアで、最初のお部屋を借りるのがベスト

また、ワイキキエリアのホテルは安くても最低1泊$100以上しますが、airbnbのお家の一室を借りるタイプであれば、1泊$50くらいからあるので費用を安く抑えられる上に、オーナーが良い人であれば地元の情報も教えてくれるのでおすすめ!

(トリップアドバイザーでホノルルのホテルを「お得な料金」順で見た結果はこちら。)

 airbnbの投稿や評価を熟読して良い人を選ぶのがポイントです。 

ハワイ airbnb エアビーアンドビー 民泊

私が借りたairbnbのお家のオーナーの方は、空港までも向かえに来てくれ(片道$20!タクシーなら$40くらいする)たり、ディナーを用意してくれてみんなで食べたりと、とってもとっても良い方でした。

私は、渡米翌日からインターンが始まる予定だったので、ここから仕事に通い、同時に家探しを開始しました!

現地の掲示板Craigslist(英語サイト)とびびなび(日本語)で家探し開始!

Craigslistとは、北米では有名な掲示板サイトで、住居、仕事、ボランティア、ユーズド品の販売などなどあらゆることをカバーしている掲示板です。ほぼ全てが英語で書かれています。アメリカ人や、他の国の人とルームシェアをしたいなら、ここは絶対チェックすべきです。

オアフ島でのルームシェアなら 、Craigslistのトップページから、「Housing」の中にある「rooms/ shared」を見ます。ここに出ている投稿の中から、場所、家賃、シェアの相手など、自分の希望が合う物件を見つけ、渡米一ヶ月前くらいからメールを送り、ハワイに着いたら家を見たい旨を伝えて行きます。

びびなびは、このcraigslistの日本語版のようなサイトです。私は、craigslistと併用していましたが今回はこちらで見つけた家に住むことになりました。こちらでもメッセージを送り、見学したい旨を伝えます。

このように、渡米前に見に行ける家を4,5件くらい見つけておくと安心です。どれだけ希望に近い物件が見つかるかどうかは、タイミングと運によるとことろが多いので、頻繁にチェックする必要があります。

返事がこなくてもめげず!ただ、正しい英語で。

メールを送っても返事が来なかったり、もう部屋が埋まりましたという返信が来ることも多いので、とにかく数多くアプローチするのがポイント。返事が来ないときは、英語に問題があるかもしれないので、ネットの英語添削のサイトなどでネイティブに直してもらう方が良いです。

自分が逆の立場になったと考え、日本で部屋を誰かに貸し出すとします。そこに、片言な日本語のメールが来たら、貸す側としてもやや不安になると思います。なのでまずは、正しい英語で送ること。そこに、自分の年齢、ハワイに住む理由(留学、仕事など)や期間などに加えて、「自分は静かで、清潔を保てる人です」というようなアピールも付け加えましょう。

 

スポンサーリンク

ハワイの家賃相場と地域 【ルームシェアの場合】

ハワイはご存知の通り家賃は高めです。アメリカ本土や日本と比較して、高い割りにクオリティーが低いというのは周知の事実。。アパートやコンドミニアムを一人で借りるとなると、家賃は最低$1500くらいからになると思います。

ルームシェアは一番安く住める方法です。その形態別、エリア別の相場が次になります。

ホノルルでのルームシェアの相場と地域

私が探した時の、ホノルルでのルームシェアの相場は$650~1200くらいでした。

低層アパート、高層コンドミニアム、一軒家の3パターンの家賃相場はこんな感じ。また、この3パターンの内、どの家の形態を選ぶかによって、住むエリアも大よそ決まってきます。

・アパートや安めのコンドをルームシェア

エリア・場所:低層のアパートはマキキ、マッカリー、ワイキキエリアに集結。比較的安めの古いコンドミニアムはワイキキに多数。
ルームシェアの相場:$700~1000
おすすめする人:安く住みたい。ワイキキ・アラモアナにすぐ行ける所に住みたい。騒音があっても平気。虫もなんとかやっていける。周囲の住人の出入りが気にならない(ワイキキの場合、隣の部屋がairbnbでしょっちゅう人が入れ替わることも)

・高級コンドミニアムをルームシェア

エリア・場所:カカアコ、アラモアナ
ルームシェアの相場:$1000~
おすすめする人:高くても新しくキレイなところに住みたい。虫は全力で避けたい。騒音は耐えられない。

・一軒家をハウスシェア

エリア・場所:カイムキ、ダイアモンドヘッド、カハラ、ハワイカイ
ルームシェアの相場:$700~1300
おすすめする人:落ち着いた緑豊かな環境で住みたい。買い物の利便性よりも、住環境重視。のんびりしたローカルなハワイを感じたい

家賃相場より安い場所は部屋か治安に何かがある

上記の相場よりも安いものも時々ありましたが、その多くが、ワイキキのアパートでリビングルームを一室として使うパターンか、リビングルームやベッドルームを仕切りで二つに分けたパターンなど。ハワイに限らずカナダやアメリカ本土でも、このパターンはよくあり、お金を節約したい留学生などが暮らしているイメージ。

リビングルームに誰かが住んでいるというのは、一度経験したことがあるのですが、神経を使います。相当仲が良く生活リズムがあえば問題ないかもしれませんが、生活リズムが違えば、音を立てないように注意をする、自分の行けるスペースが自分の個室しかないというのは結構息がつまることも。

また、安い部屋は、治安が良くなかったりオートロックがなかったりと、安全面に不安も残ります。

 

おすすめは一軒家のハウスシェア

私のおすすめは、一軒家のお家をハウスシェアすること。理由は、

・キッチンやリビングルームのサイズが、コンドミニアムやアパートに比べて大きい。自分の使えるスペースが広く伸び伸び生活できる。

落ち着いた緑豊かな住宅街なので環境が良い。ジョギングなんかにも最適。

・一軒家が並ぶ地域イコール、昔からハワイに住んでいる人が住むエリアなので、ワイキキのアパートのように人の出入りが激しくなく、治安が安定している傾向にある。

・ハワイの家やコンは築50年というのもザラ。なので配水管など何かが壊れる。そんな時、一軒屋だとオーナーもすぐ近くにいることが多いので直してもらうのが早い。

スポンサーリンク

渡米後は即行動!猶予は1週間…

即、家探し。めげそうになることも…

渡米後は予約したairbnbを拠点に、craigslistとびびなびで見つけたお部屋のオーナーに電話をし、見に行きました。私が見に行った部屋のオーナーさん(募集主)はどの人も女性だったのであまり不安はなかったですが、もし相手が男性なら、女性の方は少し注意したほうが良いかと思います。友達の男性と一緒に行くか、もし一人で行かなければならず不安が残るのであれば、その家は諦めたほうがよいのかもしれません。

見に行った際は、

・デポジットはいくらか(部屋の保証金のようなもので、出る際に問題がなければ普通は返ってくる。無い場合も。)

・部屋を出る際はどれだけ前に言えば良いか

・水道費や備品など、自分で買うもの、大家さんが買うものは何かを確認

など確認しましょう。

実際、デポジットが返してもらえないなどのトラブルは頻発しているようです。(私もカナダで経験し精神的にしんどいことがありました….。)

ハワイに着いてからも上記の二つのウェブサイトの情報は頻繁に確認し、希望の物件が出てきたら即刻連絡し、見に行っていました。

ある時見に行ったお部屋が暗く、「絶対に住みたくない!」と思うような部屋だった時の帰り道、日が沈み暗くなったカパフル通りを一人歩いていた時(カパフル通りはホームレスの人も多くいます)は泣きそうになったことも。。

airbnbを1週間しか予約してないので焦りもありちょっとつらいこともありましたが、運よく4、5件目で良いお家が見つかりました。それがカイムキの一軒家でのハウスシェアです。

 

ホノルルのエリア別ガイド

お勧めは、ダイアモンドヘッド、カイムキエリア

なぜなら治安が良いから。一軒家ばかりなので、ご近所はこの地域に長く住むローカルの人々ばかり。のんびりしたハワイらしいムードが漂っていて緑やお花ももたくさん咲いています

休日はダイアモンドヘッドに登ったり、カハラエリアにも近いのでカハラの豪邸街をジョギングしたりしていました。アメリカらしい雰囲気が良かったです

住人の出入りが激しいワイキキ

ビーチが近く一番人気なワイキキですが、私はあまりおすすめしません。特に落ち着いて生活したい人には向いていないと思います。

ワイキキに住む多くの人がハワイのローカルでなく、海外やアメリカ国内からの移住者です。コンドミニアムやアパートしかなく、短期で住むひとが多く人の入れ替わりが激しいのも特徴。先に書きましたが、隣の部屋がairbnbということもあり得るので、隣人が誰かわからないという状況も。

日本でも同じだと思いますが、人の入れ替わりが激しい地域ってあまり治安が良くないのではないかと思います。

隣人がうるさい問題非常ベルが鳴り響く問題(誤作動やいたずら)、ホームレスにからまれて怖い思いする問題などで引越しをする人も多く聞きます。

実際私も8年前、イリカイホテルの向かいあたりにある低層アパートにアメリカ人の女性とシェアをしていましたが、アパートの前の道で知らない男性につけられて怖い思いをしたことがあります。

ホノルル警察の犯罪マップを見てみよう

ホノルル警察ではウェブサイトでどこでどんな犯罪が起きたか、マップを作ってくれていますこちら(Crime Mapping)から見ることができます。デフォルトの状態だと、先週一週間の事件が表示されるのですが、びっくりするほどの数が表示されます。期間を変えたり、左上にエリア名を入力するとそのエリアが表示されるので、見てみてください。

こちらでは、日本の感覚で暗くなってから歩くのは極力避けたほうが良いなど、日本との常識も異なってきます。

長くなりましたが、これからハワイに住まれる方の参考になれば幸いです!
紹介したウェブサイトのリンクをこちらにも掲載しておきます!ぜひご活用ください。

Craigslist Oahu
びびなびハワイ

ホノルル警察の犯罪マップ ホノルルエリア

 

Snow in Hawaiiはブログ村とブログランキングの「ハワイ情報」ランキングに参加しています!下の2つのバナーをクリックし、応援して頂けると更新の励みになります♪ Mahalo!


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*