【11月12日更新】ハワイのホテルで従業員がストライキ中!現地からホテルの様子やストライキの背景などを詳しくレポート。

   

更新11(11月27日投稿)
【速報!11月27日】ハワイのホテル従業員ストライキが終わりました!

いつからホテルのサービスは戻るの?
新しい労働契約の詳細は?

【速報!11月27日】ハワイのホテル従業員ストライキが終わりました!新しい契約では4年後に$6以上の昇給

その他のストライキ情報はこちら。

 

ハワイ在住のゆき(instagram@snow_in_hawaii)です。

ハワイのマリオット系列のホテルで、労働組合に所属する従業員のストライキが発生しています。
今週の月曜日の午前から始まり、今日11月12日目で既に36日目30年ぶりの規模、と言わている今回のストライキですが、いつ終わるのかわからない状態が続いています。

現地で何が起こっているのか?
大きな混乱はないのか?
なぜ、ストライキが起きているのか?

宿泊客への影響は?

実際にホテルに行って現地の様子を見てきたのでブログにしたいと思います。

私のインスタグラム(@snow_in_hawaii)では、現地のストライキの様子などをストーリーズに挙げている他、ハワイの色んな情報を流しているので、ハワイに興味がある方はよければフォローお願いします。

コンテンツ

スポンサーリンク

なぜストライキが始まったか?何を求めているのか?

始まりは10/8 月曜日の午前。賃金アップなどを求める従業員側とホテル側とで合意に達しなかったため、ストライキが始まりました

 

View this post on Instagram

 

UNITE HERE! Local 5 Hawai’iさん(@uniteherehawaii)がシェアした投稿

▲ストライキをしている労働組合ユナイトヒア!ロカール5のインスタグラム。

 

ストライキが起きているのはシェラトンワイキキなどマリオット系列のファイブスターホテル5つ

マリオット系列であり、日系企業の京やカンパニーが所有する(京やが1963年以降これらのホテルを買収しています。)下記5つのホテルで働く「ユナイト・ヒア!ローカル5」という労働組合員に属する2700人もの従業員(以下、「従業員」とします)がストライキをしています

赤いTシャツを着た人たちが、ストライキ中のホテル従業員

一日中交代で、ホテル前の道でグループを作り、ぐるぐる周りながら、ホテル側に労働条件の改善を求め声を上げて抗議しています。みんな赤いTシャツを着て、首からホテル名と「ストライキ中」と書かれたプラカードをぶらさげています。

その様子を、ホテルのマネージャーらしき人々が見守ってるのが印象的でした。

ストライキと言うと、実力行使に出た騒動をイメージするかもしれませんが、暴動のような大きな混乱はなく、拡声器で声を上げて行進し、ポリタンクのようなものを太鼓変わりに叩いている、という感じなので危険なものは感じません。その点は安心して良いかと思います。

ただ、上の写真のようにホテル前の位置を陣取っているので、日本人らしきウェディングカップルが記念写真を撮ろうとしている時は、スペースがなく大変そうでした。また、拡声器で抗議する声が響いているので、正直ムードに欠ける状態になってしまっていたので、さぞ驚いただろうな、、と思います。。

また、昼夜問わずストライキしてるようなので、夜、早朝も聞こえてくるかと思います。特にモアナサーフライダーのカラカウア大通り側の客室は一番音が響くかと思います。

(ただ、カラカウア通りはストライキがなくても、観光客の声、パトカーのサイレンの音、大道芸人のミュージックなどが響き、夜まで騒がしい場所ではあります。)

 

従業員が求めていることは?

従業員側が求めているのは

  • 賃金アップ
  • 福利厚生の改善
  • 職の安定(リストラなどに合わず安定して雇用されること)

とのこと。

“One job should be enough”(仕事は一つで十分であるべき)の意味とは?生活費の高いハワイとお給料の関係

ストライキをする従業員の首には、“One job should be enough”(仕事一つで十分であるべき)と書かれたプラカードがぶらさげられています。

「仕事一つで十分であるべき」、これが意味することとは?

それは、家賃や住宅、その他物価全般が高いハワイで、ホテルの仕事に限らず、1つの仕事だけで家族を支えて行くことが難しく、多くの人が二つ以上の仕事をしているというを表しています。

時給が低い仕事であればフルタイムで働いても1つの仕事だけでハワイで生きていくのは厳しく、2つ以上の仕事を掛け持ちし労働時間を増やすことによって収入を増やすか、転職して時給アップを狙うか、このようにストライキで現職において時給をあげるよう抗議するか、、になってくるわけです。

“One job should be enough”(仕事一つで十分であるべき)は、 仕事一つで生活ができることを願うスローガンです。

物価が比較的低い都市では、ハワイのこれら一流ホテルのお給料で家族を養っていけるでしょう。しかしハワイでは、職種によってはフルタイムで働いても、それ以上に物価、特に近年 家・家賃の値段がスカイロケット的に上昇しており1つの仕事だけでは生活がくるしいことがあるのです。

 

ハワイのハウスキーピングの平均時給は$22、

地元ニュースによると、この労働組合に所属するハウスキーピング担当の従業員の平均時給は、おおよそ$22だそう。レストランのウェイターやファーストフード店の時給が$10~なので、それを考えるとかなり高いです。ですが、ハワイで一般的な2ベッドルームのアパートを借りる為には時給$35以上が必要という調査結果があると、ニュースには書かれています。

ハワイでは時給$10~20で働き、2つ以上の仕事をしている人も多いのでこの時給はかなり良い方、という声もあれば、$22でもハワイで生活していくためには足りないから彼らにフェアな賃金を、という声もあります。

ここから余談になりますが、物価が高いハワイで家計を一番圧迫しているのは間違いなく家賃や家のローンです。日本との違いを挙げると、アメリカでは、よほど有名なサンフランシスコのIT企業などでない限り、「家賃補助」制度というものは聞いたことがありません。

築数十年が経過した古い建物で、かつオートロックなしというアパートでも、1BRの月々の家賃が$1200以上はします。2BRであれば、$2000前後はします。$1000以下で借りれるのは、ルームシェアでベッドルームのみを借りる場合くらいです。

つい先日、2018年9月におけるハワイの一世帯用戸建て住宅の販売価格の中央値が$812,500(約8125万円)過去最高を記録した、というニュースが出ていました。これからハワイで一軒屋を購入しようとしたら、現実的にこれだけのお金が必要になります。東京の都心並みの価格ではないでしょうか?一軒家があまりにも高いので、コンドミニアムやタウンハウスなどを購入する傾向にあります。

ハワイという美しい島には世界中の富裕層が集まって来ますが、島であるがゆえ限られた土地しかなく、家や土地の値段は爆上がりし、一般労働者にとって生活がかなり厳しくなってきているという声も聞きます。実際、家の値段や生活コストが安いアメリカ本土へ引っ越していくハワイの人も多くいます。

スポンサーリンク

ストライキ中のホテルから宿泊客への公式なお知らせはこちら(現在は掲示は外されています)

各ホテルのロビーには下記のような張り紙がされていました。サービス内容の変更が掲載されているので、ご覧ください。

シェラトンワイキキ

 

ロイヤルハワイアンホテル

 

モアナサーフライダー

シェラトンプリンセスカイウラニ

日本語の説明は見つけることができませんでしたが、

  • プール、プールサイドの食事・ドリンクは営業停止
  • ハウスキーピングはなく、ロビー階でアメニティやタオルなど、必要なものは自分で持って上がるシステムになっていました。

 

スポンサーリンク

11/13追記:ストライキによる宿泊客への影響と返金対応

ハウスキーピングサービス:部屋の清掃はなし。タオル・アメニティ補充はあり

どこのホテルも、ごみ・タオル交換・アメニティ補充以外のハウスキーピングサービスを停止しています。

タオルは廊下に出していると回収していくれるホテルもあれば、自分でロビーの収集場所に持って行くところもあるそうです。アメニティ類や新しいタオルは、これもロビー階か各階の設置場所から自分で必要なものを持っていくようになっています。

【11/13追記】

現在は、臨時スタッフによるハウスキーピングが行われているようです。ただ、毎日入ることもあれば、数日置きであったり、サービスにばらつきはあるようです。

プール営業あり。

全てのホテルでプール営業は行われています。ただ、プールサイドの食事・ドリンクの提供は停止しているところもあるようです。

 

ほとんどのホテル内レストランが営業停止中

ホテルのレストランにも影響が出ています。

シェラトンワイキキでは、ラムファイヤーが営業停止。カイマーケットも朝食クーポンを持っている人のみ利用可能で、その他の時間帯の通常営業は停止しています。

ロイヤルハワイアンホテルでは、マイタイバー含むその他のレストランも営業停止。

ピンクのパラソルは閉ざされ閑散としたマイタイバー

モアナサーフライダーもザ・ベランダを含むレストランの営業停止。

モアナサーフライダーのThe Beach Bar に置かれた営業停止のお知らせ

シェラトンプリンセスカイウラニも同じような状況でした。

各レストランの営業情報は、各ホテルからのお知らせをご覧ください。

アフタヌーンティーやディナーを予約し、楽しみにしていた人にとってはかなり残念ですよね。。特にこれら5つのホテルは高級なホテルなので、ウェディングや記念日で滞在されていた方も多いはず。最高のサービスを期待していた人にとっては残念でしょう。

その他、到着客を一番に迎えるはずのホテルのバレーパーキングも、あのピンクの制服を着たいつもの従業員の姿は見られず、普段見かけない制服を着た係の人が数人対応に当たっていました。

シェラトンワイキキではチェックインカウンターが混雑

3時頃のシェラトンワイキキ、チェックインカウンターの様子はこんな感じ。今まで見た中で、一番長い列ができていました。

シェラトンワイキキは客室数が全1636室と、他のホテルに比べて圧倒的に多いので、チェックインには時間がかかりそうです。(プリンセスカイウラニが1100室、ロイヤルハワイアンホテルは529室、モアナサーフライダーは791室)それ以外のホテルでは、チェックイン対応で特別混雑しているような様子はありませんでした。

 

プールサイドでの食事やドリンクのサービスはないと書かれていましたが、リンセスカイウラニ以外のホテルでは、通常通りプールは利用はできていました。シェラトンワイキキにはプールのタオル貸出もしていました。ホテル内のショップなども通常通り営業しているので、一見するとストライキとはわからないかもしれません。

この通り、ストライキのせいで宿泊できない程ものすごく困る、という状況ではなさそうです。

 

ホテルの対応は?少し意外な「幣ホテルではストライキをを行う権利を尊重している」という姿勢

労働組合がストライキを決定したこと、従業員の不足により一部サービスを停止していることなどが書かれているのですが、意外だったのが「幣ホテルではローカル5(労働組合名)がストライキを行う権利を尊重している」という言葉でした。

アメリカのストライキには長い歴史があります。「雇用側と労働者は対等であるべき」という思想があるそうで、労働者や処遇や福利厚生、職の安定を求め団結権を行使するというのは長い歴史の中で繰り返し行われてきたこと。運営者側もそのことを理解しているのか、ストライキを行う権利を尊重していると書かれており、アメリカの考え方を垣間見たような気がします

その上で、お客様に満足してもらえるよう、最大限努力するということも書かれていました。

 

※追記【返金対応について】宿泊客は割引を受けられるのか?

今回のストライキで、宿泊客にとっては受けられるサービスが減りながらも通常と同じ宿泊価格を払っていることになります。

※最新情報追加

  • JTB、HIS、その他の旅行会社を通して予約している人には1泊1部屋あたり5000円の返金があるそうです。
    (11/7: 読者の方に、JTB以外の旅行会社も返金対応をしていると教えて頂き、追加しました。)

 

現地ニュースによると、チェックイン時に割引が受けられるのか聞いてみた宿泊客がいたが、ホテルからの回答は「今のところ割引は行っていない」でした。労働組合側は、サービスが縮小されているので、ホテルの宿泊客はホテルに対して割引を要求した方が良い、と言っているそうです。

特にこれらストライキを行っているホテルは決してハワイを代表するようなホテルで、宿泊費も安くはありません。下記リンクからトリップアドバイザーで各宿泊予約サイトの価格が表示されています。

 

ストライキの影響を避けるには

ハワイ州観光局はキャンセルする程ではないということですが、騒音がどうしても気になるという方は、ストライキが行われているカラカウア通りのホテルを避けると良いかもしれません。

クヒオ通り沿い、ワイキキ西側、東側には、これらのストライキ中のホテルはないので、今回のストライキの影響を受ける可能性は低いかと思います。

私が個人的に好きなホテルを挙げてみました!ホテル名をクリックすると詳細が見れます。

【クヒオ通り沿い】ワイキキの中心地!話題の新しいホテルが続々オープン

ハイアット セントリック ワイキキビーチ
2016年末、クヒオ通り沿いにオープンした新しいホテル。お部屋のバスルームのこだわりが素敵

 

View this post on Instagram

 

Hyatt Centric Waikiki Beachさん(@hyattcentricwaikikibeach)がシェアした投稿

 

ザ レイロウ オートグラフコレクション
こちらも比較的新しい、おしゃれなデザイナーズホテル。ホテルの壁のペイントや、お部屋の内装もかわいらしくて素敵。

 

View this post on Instagram

 

The Laylowさん(@laylowwaikiki)がシェアした投稿

 

ザ サーフジャック ホテル & スイム クラブ
最近のハワイでの、「おしゃれなブティックホテルブームの火付け役」とも言えるホテル。Wish you were here!のメッセージが有名なプールや、インスタ女子がこぞって訪れるカフェOLIVE & OLIVERがあるのがここ。

 

View this post on Instagram

 

The Surfjack Hotel + Swim Clubさん(@thesurfjack)がシェアした投稿


【ワイキキ西側】アラモアナセンターまで徒歩1o分!カカアコ/ワード方面にも近く便利

ザ モダン ホノルル
おしゃれなデザイナーズリゾートホテル。ホテルの1階に、アディクションというクラブが入っているので週末はその音が響いてくると聞いたことがあるので、そこだけご注意を。。

 

View this post on Instagram

 

The Modern Honoluluさん(@modernhonolulu)がシェアした投稿

 

プリンスワイキキ
改装されたばかりのホテル。5階のインフィニティプールからはハーバービューが見られます。1階には築地から来た活美登利寿司 ハワイが入っています。

 

View this post on Instagram

 

Prince Waikikiさん(@princewaikiki)がシェアした投稿

 

【ワイキキ東側 】ダイアモンドヘッドやカピオラニパークのすぐ近く!自然を感じたい方に

アストンワイキキビーチホテル
大型のホテルでワイキキビーチが見渡せる位置にありながら、日にちによっては$200以下と安価に泊まれるホテル。なぜか、日本人観光客の姿をほとんど見かけない。

 

アロヒラニ リゾート ワイキキビーチ
2018年に新装オープンしたホテル。白に統一されたホテルは洗練されていて上品な雰囲気。ホテルのプールも素敵。

 

View this post on Instagram

 

Alohilani Resortさん(@alohilaniresort)がシェアした投稿

参照記事>>
アロヒラニリゾートはモダンな大人のリゾート!写真映えするプールバーのハッピーアワーもおすすめ!

 

【ハワイ上級者】静かで美しい環境を求める人は、カピオラニパーク沿いのホテルがおすすめ!

ロータス・ホノルル・アット・ダイヤモンドヘッド

静かで、同じワイキキとは思えないほど美しい自然を感じられる私のお気に入りのホテル!
カピオラニパークに面しており、バルコニーからは間近にダイアモンドヘッドを見ることができます。ワイキキの中心地からは徒歩15分ほど離れていますが、落ち着いた環境を求める人にはぴったり。1つのフロアに数部屋しかないのでプライベート感満載。

 

View this post on Instagram

 

Maxさん(@weleavetoday)がシェアした投稿

 

また、そのお隣には有名なハウツリーラナイが1階に入るニューオータニ カイマナ ビーチ ホテルもあります。

 

View this post on Instagram

 

New Otani Kaimana Beach Hotelさん(@newotanikaimanabeachhotel)がシェアした投稿

▼ホテルに関してはこちらの記事もおすすめです!

クイーンカピオラニホテルが改装完了!絶景ダイアモンドヘッドビューは一見の価値あり★

ハワイで絶景インフィニティプールがあるおすすめホテル3選!プールサイドで優雅なホテルステイを楽しむならここ!

 

さて、ここからいつまで続くのか。。

とあるニュースでは、数週間の間に決着がつくだとろうとの意見も出ていました。数週間もストライキが続くのか?それとも従業員は仕事に戻るのか?わかりませんが、今後の様子を見守っていきたいと思います。

また、今回のマリオット系列ホテルでのストライキは、ハワイだけでなくアメリカ本土でも発生しているものです。

アメリカやカナダでは、バスの運転手のストライキによって数か月バスが止まる、教師のストライキによって学校の授業がストップする、ということも実際に起きています。世界では、日本では考えられないようなことが起こっているものだと実感します。

いずれにしても、ホテルを利用するお客さんの立場からすると高い宿泊費を払ったのに、、と不満も出てきているようなので、早く通常運転に戻れば良いなぁと思います。

私のインスタグラム(@snow_in_hawaii)では、現地のストライキの様子などをストーリーズに挙げている他、ハワイの色んな情報を配信しているので、ハワイに興味がある方はよければフォローお願いします。

その後のストライキ情報はこちらから!

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*