アメリカでコンタクトレンズを購入する方法。処方箋は?日本とアメリカ、コストが低いのはどっち?

   

アメリカに来て1年以上たち、先日初めてコンタクトレンズを購入しました!
アメリカに住んでいて心配になるのが、医療や税金など日本とシステムが大きく異なる部分。

「どうやって購入するんだろう?」
「眼科検診や処方箋は必要?」
「日本のオンラインのお店で購入して実家に送り、家族がハワイに来る時に持ってきてもらう方が安いのかな?」など、初めての経験で疑問が多かったので体験談を書きました

費用について気になるのも、「カカアコで暴行被害に合われた方の医療費が確定。一回目の寄付金が送金されました。」でも書いたようにアメリカの医療費が高額であるため..。この体験談がどなたかの役に立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

 コンタクトレンズの購入には眼科医の検診と処方箋が必須

アメリカでのコンタクトレンズの購入には科医で検診を受け、処方箋をもらう必要があります。なので、まずは眼科医を探すことからスタートしました。

(日本では、コンタクトレンズは「高度管理医療機器」であり医薬品ではないそう。なので処方箋は必ずしも必要ではないそうですが、多くのコンタクトレンズ店が眼科医の検診をおすすめしているので、検診を受けて購入している方がほとんどかと思います。)

 

スポンサーリンク

眼科医の探し方

以前「ハワイで初めての病院(皮膚科)へ。予約や処方箋、日本とアメリカの違いなど。」で書いたのと同じように、インターネットで検索しyelpでレビューを確認するという方法で、良さそうなアメリカ人のお医者さんを見つけました。

日本人の眼科医もハワイにいらっしゃいますが、なんとかなる!と思いアメリカ人の先生に診てもらうことにしました。英語での会話になるので少々不安。。

電話で新規患者であること、コンタクトレンズを購入したいことを告げ予約をとります。私の場合は電話した日から10日後くらいに予約が取れました。新規患者の予約は日数がかかるようなので、余裕を持って予約するのがおすすめです!

 

スポンサーリンク

眼科医での検診

持ち物

保険証、自分のID、使用中コンタクトレンズの箱(銘柄、度数などを伝えるため)、サングラス(持って行かず後悔。理由は後述)、お金(キャッシュやクレジットカードなど)

 

1回目:検診、サンプルのコンタクトをもらう

眼科では様々な検査を受けました。印象としては、日本よりも精密に見てもらっている感じでした。

ここで私の目に乱視が発覚。先生が、”astigmatismを矯正したほうが良いんだけどね~”と言い始め、最初その言葉の意味がわからなかったのですが、話を聞いててそれって乱視のことかなと思い、すばやくスマホで「乱視 英語」で検索。astigmatismと出てきたので、ああやっぱりという感じでした。

乱視用のコンタクトレンズを無料でもらい週間試してみることに。2週間後に再度予約を取り、その時に乱視用にするのか今までと同じ近視のレンズにするのか決めましょうということになりました。

1回目の検査で後悔したこと

瞳孔が開く目薬を挿して検査をしたのですが、帰り道、目が開けられないほどまぶしかったので、サングラスを持っていけば良かったと後悔しました。。

また、サンプルとして付けてもらった乱視のコンタクトレンズの名前と金額を聞いてメモしておけば良かったと思いました。会話の中で先生は言っていたはずですがちゃんと覚えておらず、家に帰ってネットで検索すると、同じような名前のレンズがたくさんあり、どれなのかわからない状態でした。。

特に乱視のレンズは近視レンズよりも高いはずなので、いったいいくらかかるんだろう~という疑問が残ることに。

 2回目:コンタクトレンズ決定!処方箋をもらう

試用中のコンタクトレンズをつけた状態で検査してもらい、使用感などを聞かれ、問題なかったのでこのコンタクトレンズが決定!先生が処方箋を書いてくれます。私の場合、3通もらいました。

処方箋1: 通常使いのコンタクトレンズ
今までは2ウィークの近視コンタクトでしたが、これからは乱視の30日間のレンズを使用することに。

処方箋2: 海で使う用のコンタクトレンズ
私は、コンタクトをつけたままサーフィンに行くのですが、今まで何回か波にもまれて無くしてしまったことがありました。また、海で使ったレンズは衛生的にも良くないとのことで、海の日用にワンデーコンタクトレンズの処方箋もお願いしました。

処方箋3: 眼鏡の処方箋
また、頼んだわけではないですが眼鏡の処方箋もくれました。


すべての処方箋が1年間有効。
次回、1年以内に買いに来るときのために、大事に保管しておきます。

眼科で、通常使いのコンタクトレンズの価格を確認すると、1箱(6枚入り・約3ヶ月分)で$78。コストコやウォルマートのコンタクトレンズ販売店やオンラインのお店ではもう少し安く買えると教えてくれたので、処方箋だけもらい安いところを探すことにしました。

また、自分の入っている保険で、検査費やコンタクト代がどれだけカバーされるか、なども確認しました。(詳細は後述に記載)

 

コンタクトレンズの購入

各ウェブサイトで価格比較

購入前にインターネットのお店で価格の比較をしてみました。私が購入するのはボシュロムのウルトラ for Astigmatism という乱視用のレンズ。

チェックしたのはこちらのウェブサイト。

サムズクラブ(会員制大型スーパー): $54.28  https://www.samsclubcontacts.com
ウォルマート: $66.00 https://www.walmartcontacts.com/
コストコ(会員制大型スーパー): $54.27 https://contacts.costco.com/
レンズドットコム: 販売なし https://www.lens.com/

コストコでは上記の価格から「複数箱買いで○○ドル値引き」というプロモーションをしていたのですが、残念ながら会員ではないので、会員であるサムズクラブで購入することに。お店で購入すればすぐもらえると思い、アラモアナのお店に行くことにしました。

 

購入方法

お店の人に処方箋をみせ、何箱購入するか伝えます。価格はウェブで確認した金額と同じでした。

保険証を見せ、保険で年間$130までカバーされる旨を伝えると、購入費用からその場で$130引いてくれることに。サムズクラブの会員カードを見せ、保険で差し引かれた金額を支払いました。受け取れるのが3-5日後ということなので、準備ができ次第電話をもらうことに。

 

スポンサーリンク

かかった費用

 眼科医の検診・フィッティング費用

眼科医の費用(保険適用後):約$36

保険の無い場合、ウォルマートにあるコンタクトレンズのお店で検査費用を聞いたところ、$80程といわれました。調べたところ、大よそ$50~$250の間で検査してくれるところが多いようです。

 

コンタクトレンズ購入費用。保険が適用される

1箱(6枚入り・3ヶ月分)で$54.28。1年間で4箱必要なので計算すると$217.12
そこから私の保険では$130カバーされるので、実費は年間$87.12

日本ではコンタクトレンズの保険適用が無かったのに対し、アメリカの私の保険では一部カバーされることは驚きでした。眼科や歯科がカバーされるかについては、入っている保険により異なるのでよく確認されることをお勧めします。

日本とアメリカでの費用の比較

同じメーカーであっても、日本とアメリカとでは販売しているコンタクトレンズの種類が異なるケースがあるので、全く同じ条件ではありませんが、同じメーカーの乱視用レンズを日本で購入した場合と、アメリカで購入した場合とで比較してみました。

<日本>
購入店:楽天ショップ「コンタクトレンズ通販メガキュート
眼科費用(推測):1500円くらい
コンタクトレンズ:メダリスト フレッシュフィット コンフォートモイスト 乱視用1年分で年間21888円()

合計23,388円

 

<アメリカ>
購入店:サムズクラブ
眼科費用:$33
コンタクトレンズ:ボシュロムのウルトラ(乱視用・1ヶ月)1年分・・・年間$217.12
小計$250.12
保険で $130 カバーされ
合計 $110.12

 

結果!レンズ費はほぼ同じ!

保険で$130カバーされたことによって、アメリカでの費用が日本の半分ほどに。乱視のコンタクトレンズで年間で$110というのはかなり良心的だと思いました。

また、もし保険のカバーがなかったとしても、レンズの価格は日本とほぼ同等

医療が高額なアメリカの方が高くつくのか?それとも、多くのコンタクトレンズがアメリカのメーカー(ボシュロムやジョンソンアンドなど)なのでアメリカの方が安くなるのか?と、疑問だったので、ほぼ同等ということに一安心しました。

 

半年~1年の滞在であれば日本から持参がおすすめ

先ほども書きましたが、眼科検診については、眼科無保険の場合、ウォルマートなどには入るコンタクト店の検眼医による検査費で約$80(場所により、大よそ$50~$250くらいのレンジだそう)するようなので、

1年程の滞在であれば、渡航前に日本で保険が使える間に検診を受けて購入し持って行くのがおすすめ。楽天で「コンタクトレンズ」と検索すると色んな種類が格安の値段で売られているので、まとめ買いすることをおすすめします。

私が渡航前に購入した楽天のコンタクトレンズ通販メガキュートは、楽天イベント時にクーポンが出てたりするのでお得に購入できます。(そうでなくても、楽天ポイントは確実につきます)
↓ ↓ ↓

【送料無料】メダリストボシュロム フレッシュフィット コンフォートモイスト 4箱セット/2週間使い捨てコンタクトレンズ

価格:7,340円
(2018/6/29 09:34時点)
感想(70件)

また、一時帰国中に、無保険で全額負担になっても日本の眼科で検診を受けた方が安いような気がしました。。日本の医療は安いなぁと思います!

※ちなみに後から、保険会社から送られてくる通知で眼科医の費用を確認したところ、保険適用がなかった場合の費用が、驚きの$340でした。。

 

スポンサーリンク

まとめ

・アメリカでのコンタクトレンズの購入には、眼科医もしくは検眼医による処方箋が必要。

・眼科医での検査費用は、保険適用で$33程度。(あくまで私の場合)

・眼科無保険の場合、ウォルマートなどに入るコンタクト店での検査費で$80程とのこと。

・コンタクトレンズの費用は日本とほぼ変わらない。(種類によります!)

・留学などで、永住でない場合は日本で1年分程度は購入してくる方が楽かも。

ハワイには日本人の眼科医もいるので、英語が不安な人も安心

なんだかんだ初めて眼科に行ってから、コンタクトレンズを受け取るまで3週間くらいかかりました。なくなる前に早めにいくことをお勧めします!

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*