ハワイのブラックフライデー!購入したものと攻略方法!

Processed with VSCO with c1 preset
   

こんにちわ!

前回の投稿、ハワイのブラックフライデー情報!アラモアナショッピングセンターやワイケレショッピングセンターのセール情報などで各ショッピングモールのセール情報を共有しましたが、

今回のブログでは、11月25日のブラックフライデーのセールで私が購入したものや、初めてブラックフライデーで気がついたことを書いていこうと思います!

スポンサーリンク

ブラックフライデーで購入したもの

ここしばらく物欲は全くと言ってよい程なかったのに、あまりの安さに、予定外の買い物をしてしまいました★また、大好きなお店が新店舗をオープンしており、セールにはなっていないにも関わらず買ったものもあります。

アイランドスリッパ – ロイヤルハワイアンショッピングセンター

ブラックフライデー前日に、友人の付き添いでロイヤルハワイアンショッピングセンターアイランドスリッパ
アイランドスリッパというと、履き心地がよいメイドインハワイのスリッパ(サンダル)ブランドとして、日本のハワイフェアなどで見たことはあったものの、一足$100もすることに驚いて買わずにいました。

しかし、今回実際に履いてみると、その履き心地の良さに感動!ウェッジソールタイプのサンダルを発見し、外出用として欲しくなってしまいました。

翌日のブラックフライデーで40%OFFになると知り、こちらのサンダルに目星をつけ、セール当日に戻ってきて購入しました♡

$74.95→40%OFFの$44.97でした♡

アイランドスリッパのセール内容
朝6時~10時:40% off
朝 10時~12時半:30% off
12時~午後2時:20% off

ノードストロームラックで、ワンピースと水着

カカアコのノードストロームラックへやってきました。
本当は、ワードの元マルカイスーパー跡地で行われる、EDEN IN LOVE (Instagram @edeninloveboutique)というローカルの女子に人気なセレクトショップの特別ポップアップセールに行こうとしたのですが、入場までに長~~い列が。ローカルのニュース番組で、ここのセールが取り上げられていたこともあり、すごい人でした。時間がかかりそうなので諦めてノードストロームラックにやってきたのでした。

ノードストロームラックには、お客さんはいるものの混雑はしておらず買い物しやすかったです
また、多くの商品がディスカウントを意味する赤タグのプライスからさらに30%OFFとなっていました!赤タグのプライスが20ドル以下の商品はなんとさらに50%OFF

一部除外品もありましたが、多くのアパレル、靴、スポーツブランドの商品などがセール対象となっていたので、これらのアイテムをお探しの方にはノードストロームラックがおすすめ。また、ブラックフライデーのセールを楽しみたいけれど、混雑しすぎるところは苦手、という方にもおすすめです!

ここでは、ビラボンの水着のボトムを購入しました。

この時↑のボトムです。

赤タグ$15.40が50%OFFで$7.70!元々のお値段は$48だったよう。
その他、$12でワンピースも購入しました★

カハラモール、SoHa Livingが全品20%OFF

ハワイらしいビーチ系のインテリアや、キッチン用品、小物などが揃うソーハリビング(SoHa Living)。モダンな雰囲気でとてもセンスが良く、ファンの方も多いかと思います。普段は絶対セールにならないソーハリビング(SoHa Living)も、ブラックフライデーの日は時間別による大きなセールを行っていました!

SoHa Livingのセール
朝7時~9時:30% off
朝 9時~午後1時:25% off
午後1時~午後9時:20% off

ここでは、その時ハワイに来ていた家族にお土産を購入しました。

こういったマグネット類や

$5.80→25%OFFの$4.35

お部屋や玄関に置ける、かわいいミニサインも購入。

$7.80→25%OFFの$5.85

ここの物で部屋を埋め尽くしたい!

スポンサーリンク

ブラックフライデーの攻略法

私なりに、ブラックフライデーを効率よく攻略する方法を考えてみました!

セールの情報を集めながら、欲しいものをチェック!

★11月~: 欲しいものをリストアップ♪

★11月半ば頃: 各モールのサンクスギビングデー、ブラックフライデーの営業時間をチェック

アメリカのサンクスギビングデーは、遠方の家族や親戚が集い、ターキーなどの食事をしてお祝いする日。観光客の多いワイキキではほとんどのお店が開いていますが、ワイキキの外で、ローカルの人を相手にしているようなお店は閉まっていることが多いので注意しましょう。

アラモアナセンターのようにサンクスギビングデーの夕方からオープンするお店もあります。目星をつけたお店やモールのサンクスギビングデー・ブラックフライデーの営業時間のチェックします。

また、ローカルのニュース番組Hawaii News Nowのウェブページでも、ブラックフライデーの日の営業時間を投稿してくれています。(今年のウェブページ→http://www.hawaiinewsnow.com/story/36788392/list-2017-black-friday-store-hours)

★11月第3週: セール情報が解禁!各ショップのウェブサイトやSNSでセール情報をチェック
ブラックフライデーを控えた週の前半頃に、各モールやショップから詳細なセール情報が出てきます。買いたい物の優先順位などから、行く順番を考え、ブラックフライデーの日の計画を練ります。

ポイント1、ワイキキが穴場

ローカルも観光客もアラモアナセンターに詰め掛けます。そのためワイキキはすいている傾向にあります。

アラモアナでもワイキキであっても、同じブランドのお店であれば、同じセールを行っていることが多いです。もしワイキキにもあるお店であれば、わざわざ混んでいるアラモアナに行かず、ワイキキで買うのがおすすめです。私のアイランドスリッパが、その例でした。[/su_note]

ポイント2、朝の方が値引率が高い

驚くことに、多くのお店が朝の6時に開店します!
開店時に一番大きな値引率を設定するお店も多く、多くの人がオープン前から並びます。値引き率と時間を考えて、プランを練りましょう!

以上、2017年、ハワイのブラックフライデーの報告でした!

※2018/6/14追記
ハワイのブラックフライデー情報!アラモアナショッピングセンターやワイケレショッピングセンターのセール情報などの投稿に、2017年ブラックフライデーの各モールのセール情報を掲載しています。
2018年のセール情報はまだまだ先ですが、どのようなセールが行われていたか参考にご覧ください

 

Snow in Hawaiiはブログ村とブログランキングの「ハワイ情報」ランキングに参加しています!下の2つのバナーをクリックし、応援して頂けると更新の励みになります♪ Mahalo!


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

 

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*