2018年最新 ロウアーアンテロープキャニオン!ツアー選定から所要時間まで全てを公開!

   

先日のラスベガス旅行の間に、車で約5時間かけてアンテロープキャニオンとホースシューベンドを周るロードトリップにも行ってきました!

関連記事>>「ホースシューベンドは息を飲むほどスリリングな絶景!行き方やアドバイスなど

とても神秘的で、幻想の別世界に入りこんだような感覚が味わえるアンテロープキャニオン。私たちが参加したロウワーアンテロープキャニオンは、自然が作り出した美しい岩の造形物の中を階段を昇り降りして巡る冒険心をかきたてる、ツアーでおすすめです!

ツアーの選び方から、ラスベガスからの行き方、注意事項などを書きました。ご覧ください。

スポンサーリンク

アンテロープキャニオンについて知っておきたいこと

長い年月をかけて造形された神秘的な絶景

アンテロープキャニオンとは、アリゾナ州北部の街ペイジ近郊にある 砂岩に囲まれた渓谷や、モンスーンの時期に振る雨水が鉄砲水何百年もの年月をかけて周囲の砂岩を侵食し、形成されました。

その神秘的な自然美を間近で見ることができるツアーが人気になっています!

アンテロープキャニオンのツアーは1997年に開始されましたが、2014年にアッパー アンテロープキャニオンで撮影された写真が650万ドル(日本円にして7億3千万円)で販売されたことにより、一気に注目を浴びることに。

また最近では、インスタグラムでシェアされることにより、急激に来場者が増えているとツアーガイドさんが教えてくれました。

90年代の歌手グループglobeのPVも撮影された

1997年にリリースされたglobeのis this loveという歌のPVも、アンテロープキャニオンを含むこの一帯で撮影されていました!まだ小学生でしたがglobeがめっちゃ好きだったので感激!

Keikoさんが歌っている場面で時々出てきますが、6:24あたりがわかりやすいです。

しかし、この砂漠地帯に大掛かりなセットやグランドピアノを持ち込んで撮影するのが90年代らしい…。まさか20年の時を経て、インスタグラムがきっかけでこの地が再熱するとは、先のことは予想できませんね。

アッパーかロウアーか?

アンテロープキャニオンにはアッパーロウアーがあり、それぞれ別のツアー会社がツアーを催行しています。

アッパー

先ほど書いた650万ドルの写真にも収められた美しい光のビームが出現することで有名なのがアッパー。ビームは、11〜13時頃に見られるようですが、10月の上旬から3月中旬までの間は太陽が真上に上らないため見ることができないとのこと。

また階段の昇り降りが無いコースになるので、体力に自信のない方はこちらが良いかもしれません。

ロウワー

ビームは見られないものの、キャニオンの間から頭上に光が差し込み幻想的な雰囲気でした。また迷路のような高低差のあるキャニオンの中を、一部、階段を使って昇り降りしながら巡るコースでアドベンチャー感が楽しめる

私たちは

 ・アッパーより混雑がマシである

 ・階段を昇り降りするアドベンチャー感が楽しそう!

ということでロウアーを選びました!アッパーには行ってないので比較はできませんが、ロウワーにして良かった!と思える充実したツアーで、冒険的な感覚も楽しめたのでおすすめです!

ロウアーのツアー会社は二つ!事前にオンライン予約を

ロウアーのツアー会社はこちらの二つ。どちらもネイティブアメリカンのナバホ族の人によって運営されています。

ロウアーのツアー会社

Ken’s Tours – Lower Antelope Canyon Tours

ツアー料金大人:$40+$8のNavajo Nation Permit fee

ウェブサイト: http://lowerantelope.com/
Ken’s Toursのトリップアドバイザー

Dixie Ellis’ Lower Antelope Canyon Tours

ツアー料金大人: $38.10+$8のNavajo Nation Permit fee

ウェブサイト:https://antelopelowercanyon.com/
Dixie’sのトリップアドバイザー

空きがあれば飛び込みでも入れるようですが、アメリカのみならず世界中から観光客が集まる人気スポットなので、必ず予約されることをおすすめします。

予約は各ツアー会社のホームページからクレジットカード決済でオンライン予約できます。予約をすると、予約確認のメールが来るので一読し、プリントアウトして持っていくことをおすすめします。

Dixiesを選んだ理由

私たちはDixies’のツアーにしました!

理由は、良いレビューが多かったことスケジュール的に楽な朝早めの時間帯で空きがあったことです。

アンテロープキャニオンは寒暖差の激しい場所にあり、私たちが行った7月は40度超える一番暑い時期だったので、朝早めの涼しい時間帯に行きたかったのです。

どちらのツアーも評判は良いので、スケジュール上都合が良い方で選んでもよいかと思います。

 

スポンサーリンク

ラスベガスからの行き方

車で約5時間!宿泊がおすすめ

ツアーの予約ができたら、後は現地に行くのみ!

私たちはラスベガスからレンタカーで行くことにしました。ただ、この道のりが思っていた以上にハードでついた時はクタクタに。

この日の気温は40度超え、かつ、想像以上の乾燥具合!朝10時くらいに出発しましたが、車内に太陽の光がガンガン差込み、クーラーをつけていても暑い状態。ほとんど何もない草原?砂漠地帯?を走ります。

アンテロープキャニオン ラスベガス

途中、こんな岩の間を通りぬけるような道もあり、すごい迫力でした。まさにマリオカートのコースのよう。

アンテロープキャニオン ラスベガス
ラスベガスからアンテロープキャニオンに向かう途中ににある岩の中を抜ける道

相当な速度が出ているので、運転には十分気をつけてください。また、制限速度が途中でちょくちょく変わるので標識にも注意を向けてください。

私たちは、ラスベガスから4回トイレ休憩とランチのためにストップしました。ドライブコースの中には、次の街にたどり着くまで1時間以上かかるような区間もあるので、休憩できる場所で早めに休憩するのがおすすめ。私たちは、途中の街のスーパーマーケットやコンビニ、カフェなので休憩しました。

助手席の私はグーグルマップを見ながら「次どこの街で、どのお店でトイレに行けるか?」などをGoogleマップyelpなどを使って調べてナビゲートに必死。

片道5時間かけて、アンテロープキャニオン近郊の街ページのベストウェスタン ビュー オブ レイク パウエル ホテルに到着。今回の宿泊先でとてもおすすめなので次のブログで紹介します!お昼の3時頃に到着したので、その日はチェックイン後、ホースシューベンドを見に行き、ご飯を食べて、翌日のアンテロープキャニオンに備えました!

アンテロープキャニオン ベストウエスタン レイク パウエル
宿泊したベストウェスタン ビュー オブ レイク パウエルからの眺め

かなり過酷なので、ページで1泊されることを強くおすすめします!

関連記事>>「アンテロープキャニオンで宿泊するのにおすすめのホテル&レストラン

アンテロープキャニオンで宿泊するのにおすすめのホテル&レストラン

ラスベガス発のツアーも

ラスベガスから日系旅行会社による日帰り、宿泊のツアーも出ています。

予算は一人$300~と言ったところ。アンテロープキャニオン、ホースシューベンドのツアーや、グランドキャニオンを回れるツアーもあるようなので、運転に不安がある方は無理をせずツアーの利用をされたほうが良いと思います。人気どころの、ベルトラ、HIS、JTBのツアーを集めてみました。

ベルトラ
・ラスベガス発日帰りツアー:3大絶景日帰りツアー 世界遺産グランドキャニオン&アンテロープキャニオン&ホースシューベン (ベルトラ)icon

・ラスベガス発 日帰りツアー:最大7か所絶景周遊!日帰りツアー グランドキャニオン&モニュメントバレー&アンテロープ&ホースシューベンド&パウエル湖&星空観賞 (ベルトラ)icon

JTB現地ツアー
ラスベガス発 日帰りツアー:日帰りアンテロープキャニオン・ホースシューベンド観光icon(JTB)

その他、JTBのホースシューベンドを含むツアーはこちらから

HIS現地ツアー
ラスベガス発 日帰りツアー:グランドキャニオン&アンテロープキャニオン1日観光 (HIS)

その他、HISのホースシューベンドを含むツアーはこちらから

 

スポンサーリンク

アンテロープキャニオンの全貌

服装、持ち物について

持ち物

  • (ナップサック禁止なので大きなポケット付きの服が良し)
  • i phoneやカメラ
  • 運動靴がおすすめ(砂場を歩きます)
  • 帽子(キャニオンの入り口まで炎天下を歩く)
  • 日焼け止め(ツアーまでに塗ってくる)
  • 現金でチップを渡すのがベター
    (私たちは20ドル渡しましたが、5ドル以上が望ましいのかなと思います。気持ちとは言え、40ドルのツアー1ドル札はちょっと寂しい感じがしたので)

注意1)どちらのツアーもバックパック(リュック、ナップサックなど)持ち込み禁止。Dixie’sでナップサック持ち込みありか確認しましたがNGとのことでした。

注意2)ゴープロも禁止とウェブサイトに記載あり。カメラ(デジカメや一眼レフ)は持ち込みOKでした。もしゴープロを持ち込みたい時はチェックイン時に確認してみてください。棒付きなどでなければカメラ扱いでOKになるのかも?

 

服装

私は、暑さ対策のため、ショートパンツにタンクトップに薄手のカーディガンを持って行きました。

アンテロープキャニオン ロウワー 

ショートパンツにTシャツやヨガパンツなどの動きやすい服装で着ている人がほとんど。ロウワーは特に、急な階段もあるのでロングスカートや歩きずらい服装は危険になりかねない感じでした。

また、待合場所で日に当たったり、キャニオンの入り口まで歩くことになるので、焼けたくない人は薄めの長袖がおすすめです。

7月の午前7時のツアーでは、キャニオンの中は外とは違い適温だったので、日焼けを気にしない私は特にカーディガンは不要でした。笑

集合場所

集合場所にはツアーの最低15分前までに自分の車で向かいます。googleマップに従って進むと、Dixie’s とKen’s の建物が何もない大地の中にポツンと見えてきます。

アンテロープキャニオン ロウワー 
これはKen’sの建物

40分前には到着。チェックインをして、Dixie’sの待合場所で呼ばれるのを待つことに。

カウンターでチェックインを。右手が待合場所

待合場所は、屋根があり、椅子・テーブルもあります。トイレもありましたが、いわゆる仮設トイレなので使わずすんでよかった。。必ずホテルでトイレに行っておきましょう

自分たちの予約時間のツアーのコールがかかると、早いもの順に列をつくり、15人(くらい)を1グループに分かれて出発します。私たちの時は3グループありました。

私たちの時間帯には日本人の小学校低学年のお子さまを二人連れたご家族もいました!急な階段がありますが、小学校低学年くらいで運動に問題無ければ充分参加できると思います。

ここでちょっとしたコツは、一番初めのグループで行くと、キャニオンの中で前にグループがいないので、人が入り込まない写真が撮りやすいかも!

アンテロープキャニオン
ガイドの元、グループで向かう

ここから約1時間のツアーに出発!

階段を降りてツアー開始

ナバホ族のガイドさんに案内されいよいよツアー開始!
キャニオンの入り口には階段が設置されており、ゆっくり降りていきます。かなり足の置き場が小さく、途中はしごのような急な場所もあるので慎重に降りていきます

 

アンテロープキャニオン ロウワー 
ロウアーアンテロープキャニオンの入り口

私は高所恐怖症なのでこの階段を心配していましたが、私でも大丈夫でした!

神秘の世界

一番下まで降りると、線の流れが美しい岩に囲まれ、神秘的な世界が広がります。この世のものとは思えない不思議な気持ちになる空間です。

アンテロープキャニオン ロウワー 

ロウアーは、長く狭い箇所が多く、途中階段を登ったり、自然が作り出した迷路のよう。

アンテロープキャニオン ロウワー 

実際は、人もかなりいるので、人が写らないように写真を撮るのは難しかったりします。ですが、ロウアーはかなり入り組んでいるので、岩で人が隠れたタイミングで写真を撮るのがおすすめです。

ガイドさんが親切!

ガイドの人が、良いショットが撮れる場所で、グループの他の人が入らないようにして写真を撮ってくれます

また、「あの岩は何に見えるよ」などと教えてくれるので、ガイドさんの話を聞いているのも楽しめます。

ロウアーアンテロープキャニオン 
ディズニー映画「ニモ」に出てくるサメに似ている岩

また、i phoneの設定でどのモードで撮ればよいかなどアドバイスをくれたりします。アンテロープキャニオンのことを知り尽くしているガイドの人に色々聞いてみることをおすすめします。

アンテロープキャニオン ロウワー 

その他、アメリカの南西部に先住し、アンテロープキャニオンのツアーを運営するネイディブアメリカンのナバホ族の歴史なども話してくれるので勉強になりました!

何千年も前にアジア大陸から移動してきた民族であったとのことなので、ガイドの方もおっしゃっていましたが、かなりアジア系の雰囲気でした。

行かれる前にウィキペディアのナバホ族のページを読んでおくと理解が深まります。

ガイドにチップを渡す

キャニオンの最後は、階段を登って、入り口とは異なる穴から地上に出てきます。

ツアーの最後に、ぜひガイドの方にチップを渡すことをおすすめします。私たちのガイドさんは地元のナホバ族の若い男性で、トリップアドバイザーに自分の名前を含めてレビューを残してくれたら会社からインセンティブがもらえる、そしてそのお金はカレッジ(大学)の費用に当てたい、と言っていました!

所要時間

私たちはちょうど1時間で元の待合場所に戻ってきました。

ツアー前の待機時間含めて、最低でも1時間半。混雑する時間帯は、ツアーの速度が遅くなり最大2時間かかかる可能性があると書いてあったので2時間半くらい時間を見込んだ方が良いと思います。

特に、お昼前後の時間は混雑するそうなので、早朝がおすすめ!そのほうが暑さもましでよかったです。

まとめ

アンテロープキャニオン ロウワー

ロウアーの中は入り組んでいて、くねくね曲がったり階段を登ったりと、かなり歩いたなぁ~と思ったところでガイドさんに、まだここで25%地点ですよ!と言われ、「ええ!まだそれだけ?!」と驚いたりしました。

ですがまさに山アリ谷アリの道のりは楽しかったですし、幻想的なアンテロープキャニオンを楽しめて満足でした!

かばん持ち込みが禁止なので、持ち物は水とカメラのみがおすすめ

動きやすい運動靴がベスト

急な階段を登るのでスカートは止めた方が良し

i phoneやカメラをお忘れなく

半そでに長袖を持っていくなど温度調整ができる格好でいくと安心

 

アンテロープキャニオンの前日にはホースシューベンドにも行きました。アンテロープキャニオンまで来たらぜひ行ってみましょう!

関連記事>>「ホースシューベンドは息を飲むほどスリリングな絶景!行き方やアドバイスなど

関連記事>>「アンテロープキャニオンで宿泊するのにおすすめのホテル&レストラン

アンテロープキャニオンで宿泊するのにおすすめのホテル&レストラン

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*