ハワイでレジ袋は有料に!全ての小売店で1枚15セント?対象外は?

2018年7月1日から、お店で商品購入時にもらう買い物袋に関して、新しい法律が適用となりました!

どんな内容で?
対象のお店は?
プラスチックの袋のみ?紙袋は?

などなど疑問があったので調べてみました。
ハワイ旅行中のショッピングを楽しみにしている人は必見です!

スポンサーリンク

2018年7月1日から、袋1枚につき最低15セントが加算されます

ハワイ州の小売店では、2018年7月1日から、商品を購入した際に商品を入れる袋1枚に付き、最低15セントがチャージされる法律が開始されました!

プラスチック(ビニール)袋だけでなく、紙袋も対象

今回の法律では、プラスチック(いわゆるビニール)の袋紙袋繰り返し使用可能な強度のある袋であるなど、袋の種類に関わらず1枚につき最低15セントがチャージされるようになります!

スーパーに限らず基本的に全ての小売店が対象

またこの対象はスーパーマーケットに限りません。
服屋、化粧品、ファーマーズマーケット、デパート、高級品のお店など、どんなタイプのお店でも適用になります。

 

これは、驚きではないですか?

スーパーマーケットには、毎回エコバッグを持って行くという人は多いと思います。ですが、これからはデパートやショッピングモールでの買い物など、どんな物を買う場合でも15セントのチャージを避けたければ、エコバッグなどを持っていた方が良いということになります。

高級品のお店も対象!

ハイエンドのお店でもチャージされる、ということなので、ブランドのお店で買い物をしても1枚最低15円請求さえることになります。「袋は自分で持ってきたのでいらないです!」と、持参のエコバッグに、買った高級品の時計を入れる人も出てくるのかも!?と思うとなんだか新しい時代を見ているようで、ワクワクします!

対象外となる袋

・野菜やナッツ、挽かれた状態のコーヒー豆などを入れる袋
・冷凍食品を包む袋、魚、肉、花などを入れる袋
・ベーカリーなどを入れる袋、レストランのテイクアウトする時の袋、ファーストフードレストランやランチワゴンで使われる袋
・薬局で購入する処方箋薬を入れる袋

などは対象外ということでした。

スポンサーリンク

次の段階の法律改正は2020年1月

ハワイでは資源の無駄使いを減らし、プラスチック製品による環境の汚染をなくすため、これまでにも段階的に袋に関する法律が変わってきました。

まず、2015年にプラスチック製のレジ袋の無料配布が禁止に。

それ以降、各小売店の対応は様々で

・プラスチック袋1枚につき10セントをチャージするお店 (ウォルマート、ドンキホーテ、ABCストア)
・紙袋を無料で配布するお店(フードランド、ホールフーズ、タイムズなど)、
・繰り返し使用可能な強度のある袋を無料で配布するお店(ロングスドラッグス、セーフウェイ)
・かばんを持参した場合は10セントを差し引いてくれるお店、など、それぞれの方法で対応されてきました。

そして今回、2018年7月から袋1枚につき15セントを課す法律が適用となりました。

次の改正は2020年1月、とうとうお店は、プラスチックの袋を無料、有料であっても配布することができなくなります。街からプラスチックの袋が消える時が来るんですね。

なかなか大きな変化ですが、個人的には大賛成。後は、ドリンクのストローもいらないと思います。
(めったにカフェでドリンクを買わないので、先日久しぶりに行ったホノルルコーヒーでストローをもらってしまったことを後悔。。次は ノーニードストローと言おう!)

この美しい自然に囲まれたハワイに住みだして1年半とちょっと。環境を守ることができるなら多少不便でもかまわないと思うようになりました

 

※追記: シアトルではプラスティックのストローが禁止に

ストローのことを考えていたらなんと、「ハワイ・カリフォルニア・ニューヨークで、ストロー使用禁止の法案が検討されている」というニュースが流れてきました。ハワイではその案はなくなり(もしくは延期)となりましたが、カリフォルニアとニューヨークでは今も検討中だそう。

また、シアトル、マイアミビーチ、オークランド、その他いくつものアメリカの都市で、実際にプラスティックストローが禁止されている、または、ストローが欲しい場合は客から申し出ることになっているそう!

これまた驚き!シアトルというとスターバックス発祥の地であり、コーヒー文化が根付いている街。あ、でもシアトルは西海岸の一番北に位置していて、9月~4月くらいまで寒い時期が続くので、アイスコーヒーは飲まないから大丈夫なのかな・・と想像したりしています。

参考記事>>”Proposed bans on plastic straws run into resistance in Hawaii and dozens of U.S. cities“(地元紙ホノルル・スター・アドバタイザーより)

>>「プラスチック製ストロー禁止 米シアトル」(NHKニュース)

先日は、一部の日焼け止めの販売を禁止する法案が可決されたり、環境保護を法律レベルで進められている、と実感しています。

関連記事>>「ハワイで珊瑚礁に有害な成分を含む日焼け止めの販売が禁止に。2021年から開始見込み。

 

スポンサーリンク

ハワイ旅行にはエコバッグをお忘れなく!現地調達も楽しい

アメリカ人は基本どこに行くにも車移動なので、袋をもらわずにそのまま手で運んで、車にぽいっとほりこんでオッケー!というパターンはよく見るので、そこまで困らないかなぁと思いますが

車が無い人や旅行者でトロリーの方などは、ずっと手で持ち歩く訳に行かないので、袋を忘れたら1枚15セントで買わないといけなくなります。

それを避けたいという方は、エコバッグを持参するか、ハワイ旅行の思い出にかわいいエコバッグを購入するのもおすすめ。スーパーマーケットなどからおしゃれなオリジナルのエコバッグが登場しているので、旅行中にお気に入りを探してみるのも楽しいかも。

過去の記事でも、エコバッグを何度か写真つきで取り上げているのでよければ下記の記事もご覧ください。

▼関連記事:ハワイの色んなエコバッグ

>>>ハワイ在住者が選ぶ、ハワイらしさあふれる可愛いお土産が見つかるお店トップ5!雑貨やバスケアはこのお店で

袋 ハワイ エコバッグ

 

>>>2018最新!ハワイのカカアコにオープンしたホールフーズを詳しくレポート。 限定エコバッグから行き方まで!

袋 ハワイ エコバッグ ホールフーズ

 

>>>カカアコの新しいダウントゥアースをレポート!オーガニックスーパーってどんな感じ?

袋 ハワイ エコバッグ

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*